“時分”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
じぶん97.5%
ころ1.6%
ときわ0.3%
じふん0.3%
とき0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
だから、小僧がものをいう時分には、たぶがくなって、平生でさえ、なんとなく、そのようすがあわれにられたのであります。
初夏の不思議 (新字新仮名) / 小川未明(著)
近頃は風説に立つほど繁昌らしい。この外套氏が、故郷に育つ幼い時分には、一度ほとんど人気の絶えるほど寂れていた。
古狢 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
やがてまた足音がして、こんどは頭をぴかぴかの時分けにし、黒い太い眼鏡をかけた若主人が現われた。
最後の胡弓弾き (新字新仮名) / 新美南吉(著)
さな時分から、雄鷄自分べないものとばかりつてましたが、だん/″\きくなるうちに、自分えててびつくりしました。
ふるさと (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)
どうぞ御身を大事に遊ばして、必ず気をながくお持ち遊ばして、ね、決して短気をお出しなさらぬように——御気分のいい時分はこのをごらん遊ばして——私は東京に帰りましても
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)