“人気”のいろいろな読み方と例文
旧字:人氣
読み方割合
ひとけ74.9%
にんき12.1%
じんき8.2%
ひとげ4.3%
フェイヴァ0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
何げなくお民はその庭の見える廊下のところへ出てながめると人気のないのをよいことにして近所のがそこに入り込んで来ている。
夜明け前:04 第二部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
ってのり、あたしゃどうやら人気て、世間様からなんのかのと、いわれているけれど、はやっぱり十年前もおなじこと。
おせん (新字新仮名) / 邦枝完二(著)
俗界ける小説勢力くのなれば小説家所謂文学者のチヤホヤせらるゝは人気役者ならず。
為文学者経 (新字旧仮名) / 内田魯庵三文字屋金平(著)
その代り人気のない薄明りの往来を眺めながら、いつかはおれの戸口へ立つかも知れない遠来の客を待つてゐる。前のやうに寂しく。
(新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
その素晴しい人気の二匹の馬をふたりのあいだに分けて、私はフラミンゴをとり、彼女はキャメルフォウドへ、各二ずつ賭けた——ところが! 馬運つたなく、両頭ともに後塵を拝して