ぐうたら道中記ぐうたらどうちゅうき
何にする積りかこの間学校で担任の先生が皆のお父さんの職業を取調べた。級長から席順に官吏大蔵省技師とか、実業白木屋店員とかと答えて、僕の番が近づいた時、僕は尠からず当惑した、僕のお父さんは商売なしだ。今に何かやるよと言うのは口先ばかりで、僕を …
作品に特徴的な語句
ひどる いわ 全然から つう がて 悉皆すっかい どう いか びゃ どう やど 私等わたしなど はぐ いいや はて 偶然つい 頂戴ちょうでやあ 頂戴ちょうでゃあ 夥多したたか しゃっ まわり しが なあ きちが しゃく ほか 大略おおかた 良人りょうじん 馬鹿フール なんに よし 助手アシスタント 一滴ひとたらし よっ 悉皆そっくり 呆気ふうけ いえ 飛沫とばっちり しょう 強請ねだり くね さが あが 左様さよ どん いお さしわたし ぼん ひき 機会きっかけ かわ しまい 其儘そっくり 彼方むこう ぽう 出入ではいり かえ 動悸どき 立派いっぱ よっ わき おもん きら 模倣まがい かわ 選手チャン しっ ちっ めい 瞭然くっきり とおり たった 石塊いしっころ けたたま ほん うた とむろ だま 地底じそこ したた 国風くにふう おろそ 困難わけ だね はた いかめ 鋼条ケーブル 此辺ここ