“立派”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
りつぱ55.2%
りっぱ41.0%
じっぱ1.5%
りつは0.7%
いっぱ0.7%
れっぱ0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それで他國立派堂々たる小學校其樣すぼらしい學校子供心にもして愉快心地なかつたのです。
日の出 (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
今日なら、もうほんとうに立派な雲のが、東でむくむくりあがり、みみずくの頭の形をした鳥ヶ森も、ぎらぎら青く光って見えた。
さいかち淵 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
そうとものし、らはアメジカ人やヘリピン人や、ドシア人の出来なかった工事を、立派にやって見せちやるんじゃ。
わが町 (新字新仮名) / 織田作之助(著)
その框に中框を使つて大板ばかりで寫してゐたが、撮影から寫る寫る、立派に寫る。
「……より証拠使用人が大将の為めにみません。第一人格が立派です」
ぐうたら道中記 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
薄穢けりアそれでえよ、本当に呆れて物が云われねえ、なら何も無理に女房になれとは云わねえ、の身代が立派になれば、お前さんよりもっと立派女房を貰うから
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)