“りつぱ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
立派96.1%
有爲1.3%
宏壯1.3%
宏大1.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さても秋風か、らねばこそあれ雪佛堂塔いかめしくらんとか立派にせんとか、あはれ草臥もうけにるが
経つくゑ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
春枝けは其後無事つてたものゝ、行衞れず、てより、有爲帝國海軍々人養成して、げんとしんでつた日出雄は、
左樣ばかりではおりになるまい、濱島氏御存じのり、日出雄少年をば有爲海軍々人養成して、日本帝國干城にと、ての志望であつたのが、弦月丸沈沒
伊太利のさる繁華なる宏大商會てゝ、貿易事業ねて、おぼろながらにくのみ。