“港”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
みなと93.0%
こう2.8%
かう1.4%
みイなと1.4%
ミナト1.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
南洋のあまり世界たちにはられていないんでいる二人土人が、難船からわれて、あるいたときでありました。
幸福に暮らした二人 (新字新仮名) / 小川未明(著)
かくてこれ展望をほしいまゝにしたわが郵船はナポリ到着し、ヴェスヴィオを十分見學機會へられるのである。
火山の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
讀者諸君御記臆だらう。弦月丸に子ープルス出發せんとした何故ともなくつた一隻を。
「はるかに見ゆるは本斗の、エンヤラヤアノヤア、ヤレ漕げソレ漕げ、エンヤラヤノ。」
フレップ・トリップ (新字新仮名) / 北原白秋(著)
土佐のお鞆のにすておきて長崎へ出候ことハ中/\すみ不申、このことハ紀州より主人土佐守へ御あいさつかわされたしなど申ており候。