“清水港”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しみずみなと80.0%
しみづみなと20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
駿州清見寺内石碑あり、この碑は、前年幕府の軍艦咸臨丸が、清水港たれたるときに戦没したる春山弁造以下脱走士のめに建てたるものにして
瘠我慢の説:02 瘠我慢の説 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
東京から地方へのがれ出るには、関西方面の汽車は箱根のトンネルがこわれてつうじないので、東京湾から船で清水港へわたり、そこから汽車に乗るのです。
大震火災記 (新字新仮名) / 鈴木三重吉(著)
それから清水港つて、江尻ると、もう大分以前るが、神田叔父一所、わざとハイカラの旅館げて、道中繪のやうな海道筋町屋
雨ふり (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)