“以前”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
もと33.2%
いぜん23.7%
まえ20.3%
まへ6.1%
むかし4.4%
まえかた2.4%
さき2.4%
せん1.7%
これまで1.0%
まえまえ1.0%
このまえ0.7%
このまへ0.7%
さっき0.7%
あと0.3%
めえかた0.3%
かみ0.3%
まえがた0.3%
まへかた0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
清之介君は頭を抱えて再び以前の姿勢に戻っていた。妙子さんは身をくねって覗き込み、机の上にポタ/\と涙が落ちるのを見た時
女婿 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
つては、以前同郷的愛着同藩的偏見つたとじやうに、次第國民的愛着國家的偏見つたのであつた。
と燈火の光なのであろう、橙黄色のほのかな光が、以前のようにすぐに眼に映り、つづいてその中に浮いている白い女の顔が見えた。
娘煙術師 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
以前の室から、また二人廊下に現れた。洋服を着た男は悠然と彼方へ歩いて行つたが、モ一人は白い兎の跳る様に駆けて来ながら
病院の窓 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
もっといまより以前のほうが輪をかけてよけい酔った。——が、酔っても、いくら酔っても正体をなくすということはなかった。
春泥 (新字新仮名) / 久保田万太郎(著)
この屋敷に相違ない! 妾が以前送られて来て、酒顛童子のようなお爺さんに、恐ろしい目に逢わされた屋敷! それはここだ
剣侠 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
ロミオ なう、ってさるな。此度は、此方へば、彼方でもひ、此方へば、彼方でもふ。以前のはさうでかった。
またいつのまにか以前のように、右岸には大きな工場が立ち並び、左岸には低いい小家がぎっしりと詰まって、相対しながら掘割をんでいるのだった。
花を持てる女 (新字新仮名) / 堀辰雄(著)
以前の拙者なりゃ、その方より紙帳へ近附いたからには憂き目を見たは自業自得と、突っ放すなれど、現在の拙者の心境ではそれは出来ぬ。
血曼陀羅紙帳武士 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
裏切りの事情を知ってからは彼はどうしてもお吉に対して以前通り優しい言葉や温かい態度を示すことが出来ず、久しぶりでこの地へ帰り着いてからも
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
「情死じゃアねえが、大方痴戯だろうよ」「いや、菊屋のかみさんが残酷からだ、以前もあそこの下女で井戸へ飛んだ者がある」
旧主人 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
『マア、以前しつた癖に、…………薄情な人ね、此方は。』
菊池君 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
以前の樫の森から東側へかけて、夕方まで探していたが、最早日が暮れかかってもそれらしい影は愚か、小雀一羽眼に這入らぬから、皆落胆して疲れ切ってしまって
白髪小僧 (新字新仮名) / 夢野久作杉山萠円(著)
○「いえ、そら久しい以前絵に出た芳年いたんで、鰐鮫を竹槍で突殺している、鼻が柘榴鼻で口が鰐口で、眼が金壺眼で、えへゝゝ御免ねえ」
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
陸稻ともはんねえもんだな、以前つて時世ぢやさうだからこんで場所によつちや、百姓にもたえしたびがあるのよなあ
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
されど源叔父が家一軒ただこの磯に立ちしその以前の寂しさを想いたまえ。
源おじ (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
かつて以前兄とも思われる、十二神貝十郎の屋敷内に、この人と住んだことがあり、最後に上様とお逢いした日、昼のうちは百姓家へ、夜に入っては異国風の屋敷へ——狂える彼女にはその屋敷が
血煙天明陣 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
以前訳のあつた女の名前も時々忘れる事があるやうに、名高い仏様のお名前もどうかすると想ひ出せない事があるものだ。)