花を持てる女はなをもてるおんな
私はその日はじめて妻をつれて亡き母の墓まいりに往った。 円通寺というその古い寺のある請地町は、向島の私たちのうちからそう離れてもいないし、それにそこいらの場末の町々は私の小さい時からいろいろと馴染のあるところなので、一度ぐらいはそういうとこ …
作品に特徴的な語句
以前せん 湿 はに かおる ぎら なつか とど えにし むすめ 歿ぼつ きたな 一目いちもく べい はら はさ 日和びより ほと 用達ようた 申訣もうしわ かげ たず 鰥暮やもめぐ 一寿かずとし 一抹いちまつ 一美かずよし 世帯しょたい 亀戸かめいど 仁丹じんたん ほの たお 仔細しさい 何処どこ 何時いつ 佗住わびずま 便たよ おもかげ そば いた 其処そこ かく 可憐かれん 同棲どうせい 向島むこうじま 喧嘩けんか たしな うわさ 夭折ようせつ 失踪しっそう やつ 媚態びたい とつ きら 寄席よせ 寿則としのり 市人いちびと 弟子でし こら わずら 悶着もんちゃく たの あわ ふところ 我儘わがまま ある 手拭てぬぐい たく たす 押上おしあげ おが ひろ はさ そろ 支度したく 昏睡こんすい 智慧ちえ まくら さく しきみ しきみ 此処ここ 母子おやこ 水戸みと
題名が同じ作品
花を持てる女 (旧字旧仮名)堀辰雄 (著)