“弟子”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
でし93.7%
ていし4.4%
おとうとご0.6%
おとゝこ0.6%
とりてき0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
先生と弟子との間にある共通な点があらば、それは単に精神的のものでもこれが肉体の上に多少の影響を及ぼさないとは言われない。
病室の花 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
何故というに、晩年の漁村が弟子のために書を講じたのは、四九の日の午後のみで、その他授業は竹逕がくこれに当っていたからである。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
気の触れた弟子に行くはずはなし、そっくりそのまま婿のわが身にころがり込むだろうと、あのようなおろかなまねをいたしまして、このわたくしまでをも、こんな悪のところに押し込め
忍び書殘し參らせ候御屋敷の殿樣親子の御兎角しく去年夏中より藤五郎樣御事座敷牢住居にて召上りものもろくろく進ぜられざる程の仕合せ御最惜き事申ばかりも御座なく又御弟子藤三郎樣も殿樣奧樣の御しみ深くだ御幼少の御身を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
に相手は角力取り、富五郎の片手を取って逆に押えて拳を振上げられた時には、どうにもこうにも遁途がありませぬ、表の玄関には二人の弟子が張番をしていて
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)