“兎角”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
とかく95.6%
とか1.8%
とかう1.8%
とにかく0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一人旅の心安さに朝の出立は兎角遅くなり勝だ。寝覚の里の南はずれまで行くと、教えられた通り駒ヶ岳登山道と書いた杭があった。
木曽駒と甲斐駒 (新字新仮名) / 木暮理太郎(著)
それが一一(四字不明)どうかは分らないが、皆が皆辟易したとも云い切れまい。いや兎角く此道ではブレーキが利きにくいものだ。
淫売婦 (新字新仮名) / 葉山嘉樹(著)
兎角するうちに半紙八つ切りの料の紙、小さく折られたるが雲形塗のお盆の上にたかくなりぬ。
閑天地 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)