閑天地かんてんち
(「閑天地」は実に閑天地なり。野鵰の㯙雲に舞ひ、黄牛の草に眠るが如し。又春光野に流れて鳥初めて歌ひ、暮風清蔭に湧いて蜩の声を作すが如し。未だ許さず、生きんが為めにのみ生き、行かんがためにのみ行くが如き …
作品に特徴的な語句
伯林ベルリン 亜細亜アジヤ 鞭撻べんたつ 凄惨せいさん 弥生やよひ 黄昏時たそがれどき 渾身こんしん 白湯さゆ 素袷すあはせ 煩瑣はんさ ひさ 杜鵑ほととぎす 伽羅きやら 齷齪あくせく 水嵩みづかさ 口吟くちずさ 微風そよかぜ 丁子ちやうじ ひぐらし 区々くく しをり ばつ 解脱げだつ 覚醒かくせい 陋巷ろうかう 放逐ほうちく かがり 蕭条せうでう 胚胎はいたい 飄々へうへう 痩躯そうく 可也かなり 悵然ちやうぜん 無間むげん 蒼茫さうばう 猶太ユダヤ あまね 心耳しんじ 獅子吼ししく みぎ 亜弗利加アフリカ 立所たちどころ 渇仰かつぎやう 彷彿はうふつ 樹々きぎ 爾後じご 汲々きふきふ 濁声だくせい 雄々をゝ 水無月みなづき あま 瞠目だうもく 蹂躪じうりん 俯仰ふぎやう 牢固らうこ 美髯びせん 五月さつき 埠頭ふとう 寥々れうれう 這般しやはん 痛痒つうやう 旦暮たんぼ 勤行ごんぎやう こつ 白扇はくせん 荒蕪くわうぶ 現世このよ 生擒せいきん 仲々なかなか 暮靄ぼあゐ 深窓しんそう 森然しんぜん 白耳義ベルギー 揺籃えうらん その 啾々しうしう 嫣然えんぜん 赫灼かくしやく 匇々さうさう 忸怩ぢくぢ 離亭はなれ 畏友ゐいう 緘黙かんもく 遼遠れうゑん 粛然しゆくぜん 青嵐あをあらし 背景バツク 急霰きふさん 指端したん 遠野とほの 大名たいめい をし へう うつ きた 侵蝕しんしよく 諸有あらゆる