閑天地かんてんち
(「閑天地」は実に閑天地なり。野鵰の㯙雲に舞ひ、黄牛の草に眠るが如し。又春光野に流れて鳥初めて歌ひ、暮風清蔭に湧いて蜩の声を作すが如し。未だ許さず、生きんが為めにのみ生き、行かんがためにのみ行くが如き人の、この悠々の世界に入るを。啄木、永く …
作品に特徴的な語句
をの かたから とき ひざまづ うづ けだか やう 老爺らうや へう とさか れう かく あで ぐわ しかう きた うらなひ どう つかれ には うづた 蹌踉さうらう 桑港さうこう おほ うか 雀躍じやくやく ぎよ 瑞西スイツツル をは 高天たかあま 日出じつしゆつ 蠢々しゆんしゆん 象徴かたど くわう くだかけ 匇々さうさう いへ むね まば 黒瞳こくどう 燈光とうくわう 渇仰かつぎやう 仕候つかまつりさふらふ 竹杖ちくぢやう ひも うゑ えう けい もつとも 昔者むかしは つぶ しづ ほほ たゆ 刷毛ブラツシ 所縁しよえん 幽界いうかい おもひ あへ ゆづ つひ 団欒まどゐ 城砦じやうさい たくまし 大名たいめい 妙諦めうてい たか 安慰ゐせき いは 痛痒つうやう 生花いくはな 生擒せいきん 猶且なほか 牛津オクスフオード 眩暈げんうん くすぶ きよ をさな 濁声だくせい 竿さを 粛然しゆくぜん げん せは 襤褸らんる しとね 揺籃えうらん 一揮いつき かく 旭光きよくくわう 汲々きふきふ 梁川りやうせん