“黒瞳”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
くろめ73.3%
くろひとみ6.7%
こくとう6.7%
こくどう6.7%
ひとみ6.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その時小林の太いが一層際立ってお延の視覚をした。下にある黒瞳はじっと彼女の上にえられたまま動かなかった。
明暗 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
情界の熱き波瀾に黒瞳にほひかがやき
第二邪宗門 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
は白魚のようにきとおり、黒瞳は夢見るように大きく見開かれ、額にかかる捲毛の胸毛のように柔らかであった。
悟浄出世 (新字新仮名) / 中島敦(著)
そこに、私は滿足して立つてゐた、何故つて、彼女の顏や、着物や、一つ二つの飾りや、白いや、ふさ/\した艷々しい捲毛や、輝やかしい黒瞳