明暗めいあん
医者は探りを入れた後で、手術台の上から津田を下した。 「やっぱり穴が腸まで続いているんでした。この前探った時は、途中に瘢痕の隆起があったので、ついそこが行きどまりだとばかり思って、ああ云ったんですが、今日疎通を好くするために、そいつをがりが …
作品に特徴的な語句
珈琲コヒー こな ラヴ いち くっ わか いき ごの ふわ 焦燥じら ぎら そこね 邂逅めぐりあわ 強請ねだる 冷笑あざ かか じょう とっく はじめ ふん あく どお かた 退しり ひっ のろ うかが 諧謔ヒューモア じか 公園パーク うけ おこ 良人りょうじん ひけ 持上もちや 冷笑せせらわら そら もてあ 応答あしら まご 薄暮ゆうぐれ おお 目標まと ほしい つぶ わず いご すり きお じき ドアー 光沢つやつや ゆう はず だて 何人なんにん うわ ぬき もど 上部うわかわ おろ 淡泊さっぱ 仕舞しも きわま きぬ ゆき なお 蜿蜒うねく 蘇生よみが いじく 強奪ゆす おち ぞろい つらま かつ 冷笑ひや あい 扮装つくり そなわ ひる とぼ 応答おうとう いちじ うし 御前おまい こす あたし いつ
題名が同じ作品
明暗 (新字新仮名)岡本かの子 (著)