明暗めいあん
医者は探りを入れた後で、手術台の上から津田を下した。 「やっぱり穴が腸まで続いているんでした。この前探った時は、途中に瘢痕の隆起があったので、ついそこが行きどまりだとばかり思って、ああ云ったんですが、 …
作品に特徴的な語句
満更まんざら 覿面てきめん 紫檀したん 緻密ちみつ 敵愾心てきがいしん びん 長火鉢ながひばち 稲妻いなずま いそ 納得なっとく 素足すあし 嫌疑けんぎ 天秤てんびん あと 唐桟とうざん 日数にっすう そそ 断乎だんこ 肌理きめ 螺鈿らでん ひよどり 博多はかた 夜寒よさむ 忖度そんたく 遮二無二しゃにむに 下卑げび 亢奮こうふん 金槌かなづち 午過ひるす 胡麻塩ごましお 鵜呑うのみ 音沙汰おとさた 加減かげん 小倉こくら 波瀾はらん 斡旋あっせん 律義りちぎ 惜気おしげ 編輯へんしゅう 臆測おくそく 閑暇ひま 梶棒かじぼう 土堤どて わく 皆目かいもく 手柄てがら 根柢こんてい たに 繰返くりかえ 苗字みょうじ すし 胡乱うろん 半襟はんえり 標榜ひょうぼう 効目ききめ 唐草からくさ 屈託くったく 陳腐ちんぷ 危惧きぐ 藍色あいいろ 見識けんしき 初手しょて 見栄みえ こて 彗星ほうきぼし 干物ほしもの 無沙汰ぶさた 従妹いとこ 御蔭おかげ 成仏じょうぶつ 窓硝子まどガラス 鶏卵たまご 煩瑣はんさ 頑張がんば 半年はんとし 気兼きがね 緋鯉ひごい 関聯かんれん 手古摺てこず 遮断しゃだん 丹精たんせい 咀嚼そしゃく 宛名あてな 端書はがき 衣桁いこう 他愛たわい 手数てかず 清楚せいそ 書翰しょかん 硯箱すずりばこ 御挨拶ごあいさつ 世話せわ 花簪はなかんざし 賜物たまもの 辞儀じぎ ともえ 一棟ひとむね 捗々はかばか 怯懦きょうだ
題名が同じ作品
明暗 (新字新仮名)岡本かの子 (著)