“布”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
34.9%
きれ31.6%
ぬの20.7%
プラトーク1.5%
きぬ1.5%
1.5%
1.1%
ぎぬ0.9%
しき0.9%
ぎれ0.9%
しか0.7%
キレ0.4%
クロース0.4%
シク0.4%
にぬ0.2%
ハワイ0.2%
0.2%
0.2%
しい0.2%
たへ0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
カンバス0.2%
トワル0.2%
ニヌ0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかし、そこには前田弥平氏の専制的な独裁がかれていた。彼の一存で、その工場の待遇制度はどんなにでも変えることができた。
仮装観桜会 (新字新仮名) / 佐左木俊郎(著)
また、あるものはバータムナスの像のまわりを花環のように取り巻いて、のように垂れさがった枝はその像をすっかりっていた。
こうしているうちに、とうとう、仕立屋さんのかんしゃくだまが爆発しました。仕立屋さんは仕立台からきれをつかみだして
クズニェツォーヷは今日も繭紬のだ。たっぷりした胸つきで、みんなの横に立っている。日本女に向って鼓舞するように頭をふった。
スモーリヌイに翻る赤旗 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)
タルターロまたはトルコ人の作れる浮織裏文表文にだにかく多くの色あるはなく、アラーニエのにだに 一六—
神曲:01 地獄 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
すべて、海上規則では、出港の十乃至十五に、船中銅鑼ゆると本船立去らねばならぬのである。
軒かたむいたごとから逃げ惑って行ったらしい嬰児のボロれやら食器の破片などが、そこらに落ちているのも傷々しく目にみて
私本太平記:12 湊川帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
それはまさしく閨房であった。で幾部屋かに仕切ってあった。どの部屋にも裸体像があった。いずれも男女の像であった。
八ヶ嶽の魔神 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
水をたるゆゑにや、又深田すがたあり。初春にいたれば雪りて雪途は石をたるごとくなれば往来冬よりはし。
これは吾輩が自身にボロを拾って来て縫付けたもので、このポケットは木綿の手織縞だ。こっちの大きいのは南洋更紗の風呂敷で、こっちのは縮緬だから二枚重ねて在る。
超人鬚野博士 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
親切に温和しく先に立て静に導きたまふ後について、迂濶な根性にも慈悲の浸み透れば感涙とゞめあへぬ十兵衞、段〻と赤土のしつとりとしたるところ、飛石の画趣れあるところ
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
車の前に出てゐるの、簾下といふべきを下簾と言ひ、岡の傍で岡片とも言ふべき所を片岡と言ふ。
古代中世言語論 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
背を平らにって、深きに金髪を一面にわせたような模様がある。堅き真鍮版に、どっかとの目をして、重たき楯形に置いたのがある。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
誦読於経営之中、而務鉛槧於会計之余、以交遠近之墨客、嘗堪忍之二字シテ、以其名久遠邑
「昨日こそ年はてしか春霞春日の山にはや立ちにけり」(巻十・一八四三)、「筑波根に雪かも降らる否をかもしき児ろがほさるかも」(巻十四・三三五一)。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
の海は波のいただきに月光がきらめき、連なる帆柱の影がゆれ動く。夜もふけるにつれて人影もようやく途絶え、港のあたりに涼しい風が吹きはじめたのである。)
南半球五万哩 (新字新仮名) / 井上円了(著)
パチ——と一いて、かまきりが、横を向き
魚紋 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
寄れば触れば、「あの三寸男が」だの「ちんちくりんのボロれが」のと、武大の家には町中の目が見通す節穴でもあるような騒ぎだし、あげくには
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
夫れ文武のて方策に在りと雖、之を活用するの政治家なくんば空文となりて過ぎんのみ、憲法はスタイン先生をして感服せしむるも、民法は「コード、ナポレオン」に勝ること万々なるも
更にその兄王の河を渡りまさむ時のために、船を具へ飾り、また佐那葛の根を臼搗き、その汁のを取りて、その船の中の簀椅に塗りて、蹈みて仆るべくけて、その王子は、衣褌
が、秀吉が、かくも沁々、真面目に心事を語るのは、めずらしいことだった。それは彼が、いまや天下にさん抱懐ぶるに当って、この年の初めを、まさに重大な岐機と見
新書太閤記:09 第九分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
現在百貨店が配達網を八方にき、また遠方には配給所を設けて、専らその合理化につとめていても、なおその費用の莫大なのに当惑しているときくが、まことにさようであろうと案ぜられる。
私はすぐ石川の女郎の 志可の海人刈り塩焼き暇なみ櫛笥の小櫛取りも見なくに を思ひ出した。
晶子鑑賞 (新字旧仮名) / 平野万里(著)
活動写真のへ皺が寄るように、時々、街路の光景が歪んだり、んだり、ぼやけたり、二重になったりして、瞳に映った。
恐怖 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
おれは小娘がリボンや小切れを嬉しがるやうに、ヹルミヨン、コバルト、オランジユ、とり/″\に美くしい色の上へ点描するのが理由もなく嬉しいのだ。
素描 (新字旧仮名) / 与謝野寛(著)
否諾かも。しき児等さるかも(巻十四)
花の話 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)