“頭布”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ずきん23.1%
づきん15.4%
プラトーク15.4%
コワツフ7.7%
サッファ7.7%
タアバン7.7%
カーチーフ7.7%
タアベン7.7%
プラトチカ7.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
姉もまた赤い布片きれころもを縫って、地蔵の肩にまきつけたり、小さな頭布ずきんをつくったりして、石の頭に冠せたりした。
幼年時代 (新字新仮名) / 室生犀星(著)
ると、さっきまで、つえをついて、くろ頭布ずきんをかぶっていたおばあさんは、じつは魔物まものであったのです。
角笛吹く子 (新字新仮名) / 小川未明(著)
もとより包むのは両手のみではなく、頭布ずきんをかぶるのは言うをたない。
陸中雑記 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)
そのとき、向ふの人が声をかけて、頭布づきんをとると、それはキクッタであることが分りました。
熊捕り競争 (新字旧仮名) / 宮原晃一郎(著)
熊の皮の頭布づきんゆゝしき警護かな
漱石氏と私 (新字新仮名) / 高浜虚子(著)
頭布プラトークで頬かぶりをして袖無をきた小娘が馬車からおりて、両の拳でまるで男みたいに力まかせに門を叩いた。
わずかにペトローヴィッチには女房があって、頭布プラトークでなしに頭巾帽チェプチックなんぞかぶってはいるが、きりょうの点ではどう見てもほめられた柄ではなく、この女に出あって口ひげをうごめかしながら一種特別な奇声を発して
外套 (新字新仮名) / ニコライ・ゴーゴリ(著)
それにしても、係りの役人には禮をつくさなければならぬので、彼女は頭髮をなほし、晴着を着て、白い頭布コワツフをかぶつて、二時頃に出掛けた。
第一にゴオドの頭布コワツフの白い色、次ぎに黒い喪服につゝまれた彼女のすらりとしたかたち、そしてそれと並んで、彼女の戀人の角張つた兩肩。
この娘等は昔のピイザンスの皇后のやうに耳の上へ編髮を圓く束ねて、若い娘達の間の新流行の貝殼形の白い頭布コワツフを着けてゐた。
頭布サッファが解かれると左から右分けにした房々と恰好かっこうのいい頭髪があらわれて、少年は解いた頭布を私に示してからまた巻きに掛かった。
ナリン殿下への回想 (新字新仮名) / 橘外男(著)
頭布サッファに付いている無数の玉が電灯の光に反射して、少年は硝子ガラスの玉だと言っていたが、なかなかもって硝子どころではない輝きを放ち出した。
ナリン殿下への回想 (新字新仮名) / 橘外男(著)
「同じような形はしていますけれど、これは頭布タアバンとは言いません。頭布サッファと言って非常に身分の高い人が使うものなのです」と傍からカ氏が口を出した。
ナリン殿下への回想 (新字新仮名) / 橘外男(著)
「同じような形はしていますけれど、これは頭布タアバンとは言いません。頭布サッファと言って非常に身分の高い人が使うものなのです」と傍からカ氏が口を出した。
ナリン殿下への回想 (新字新仮名) / 橘外男(著)
この少年だけは珍しく頭布タアバンを巻いて、すごい光を放った飾りの宝石をそこに着けていた。
ナリン殿下への回想 (新字新仮名) / 橘外男(著)
どれほど世話になった恩人の子かは知らぬが、下らぬ心配をするものだと、可笑おかしく思ったが、初めて見る少年の頭布タアバンに私はすこぶる興味が湧いたからどういう風にそれを巻くのか見せて欲しいと言った。
ナリン殿下への回想 (新字新仮名) / 橘外男(著)
暗緑色のスカートに縁紐バンドで縁取りされた胸衣ボディスをつけ、それにひじまで拡がっている白いリンネルの襟布カラー、頭にアウグスチン尼僧が被るような純白の頭布カーチーフを頂いている。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
振返ると、お隣の窓が開いて、白い頭布タアベンを捲いた印度人の頭が、続いて白衣びゃくえの肩が出て来ました。
今でも憶えています、白い頭布プラトチカをして、灰色のうわっ張りを着て小さな腰掛に坐っていました。
女房ども (新字新仮名) / アントン・チェーホフ(著)