“襟布”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
カラー100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“襟布”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
しかしその間、検事は、頸筋の襟布カラーを指で摘み上げて、しきりと後頭部の生え際のあたりをみつめていた。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
ところが、その直後——ひしゃげつぶれたレヴェズの襟布カラーをはずした時に、思いがけなく、その下から三人の眼を激しく射返したものがあった。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)