“ずきん”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
頭巾96.5%
1.8%
頭布1.3%
0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そっと帰って来て、行燈の下で頭巾を取ろうとした時にお銀様は眼がめました。醒めてこのを見ると怪しまずにはおられません。
大菩薩峠:15 慢心和尚の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
傍には秋壑の寵姫が綺麗に着飾ってたくさん坐っていた。欄干の下を一艘の小舟が通って往ったが、舟の中には二人の黒いをつけて白い服を著た美少年が乗っていた。それを見つけた女の一人は
緑衣人伝 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
姉もまた赤い布片を縫って、地蔵の肩にまきつけたり、小さな頭布をつくったりして、石の頭に冠せたりした。
幼年時代 (新字新仮名) / 室生犀星(著)
翩翩はそこで落葉を拾いあつめて寒さをぐ用意をしたが、羅が寒そうに体をすくめているのを見ると、を持って洞穴の口を飛んでいる白雲をとり、それで綿入れをこしらえてやった。
翩翩 (新字新仮名) / 蒲 松齢(著)