“巾”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きれ56.5%
はば23.1%
はゞ5.6%
きん4.6%
ずきん3.7%
きぬ1.9%
てふき1.9%
ぎれ0.9%
づきん0.9%
まき0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しばらくたって署長は自分があの奥のの中に入れられてゐるのを気がついた。頭には冷たいがのせてあったし毛布もかけてあった。
税務署長の冒険 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
彼女は、私の注文を聞くと、一揖してくるッと背後を向き、来た時と同じように四つ足半の足で、ドアーの奥に消えて行った。
白金神経の少女 (新字新仮名) / 蘭郁二郎(著)
矢張まで歩行いていなだらかなしく本道、あと二らずけばになつて、からがになる
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
それから、清水でをしぼって、そっと、側へすすめたり、のさまし湯を上げたりしたが、長話のうち、一度も手にしなかった。
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
王侍御は王給諌に逢おうと思って客の前へ着てゆくをさがしたが、二つとも見つからないので、すぐ出ることができなかった。
小翠 (新字新仮名) / 蒲 松齢(著)
「あなた!」とさながらを裂くような声で、倒れている松女が叫んだのは、主馬之進が階段を上り尽くし、二階へ現われた時であった。
仇討姉妹笠 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
元豊はひどく不思議に思って亭園へいって見た。小翠はもうどこへかいっていった所が解らなくなっていた。婢に訊くと婢はを出していった。
小翠 (新字新仮名) / 蒲 松齢(著)
繃帯法。巻軸帯、繃帯、……
たね子の憂鬱 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
ふとしく、ひつくりつて、がころつとんだ。同時に、えてつた。襄邑、その思入があつて、じつとると、貧弱のみ。周南壽。とふのである。
間引菜 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
『摩訶僧祇律』七に雪山水中の竜が仙人の行儀よく座禅するを愛し七巻きて自分の額で仙人のを覆い、食事のほか日常かくするので仙人休み得ず身体せて瘡疥を生ず