“手巾”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ハンケチ48.0%
ハンカチ30.1%
はんけち11.6%
ハンカチーフ3.5%
しゅきん1.2%
はんかち1.2%
ムウショアール0.6%
はんかちーふ0.6%
ムシヨワアル0.6%
これ0.6%
しゆきん0.6%
てぬぐい0.6%
シュキン0.6%
ハンケナ0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
男でも日曜は新しい青いワイシャツの胸に真白な手巾かせている。教会は彼らにとって誠に楽しい倶楽部、ないし演芸場である。
時に依つて萬歳の叫喚で送られたり、手巾で名殘を惜まれたり、または嗚咽でもつて不吉な餞を受けるのである。列車番號は一〇三。
列車 (旧字旧仮名) / 太宰治(著)
滝田めての家へ来たのはの大学を出た年の、——めて「中央公論」へ「手巾」という小説を書いた時である。
滝田哲太郎君 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
輕氣球では、吾等所在見出したとへ、搖藍から誰人かの半身はれて、手巾が、と、にフーラ/\といた。
「……布にて手足をまかれ、顔は手巾にてつつまれて出ず。イエス彼らに言いけるは、彼を解きて歩かしめよ」
船はやおら桟橋を離れた。空色笑貌の花嫁は、白い手巾を振り/\視界の外に消えた。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
先生はうっすらと汗をかいて、両手の中で手巾をごしゃごしゃにしたり、引っ張ったりしている。
犂氏の友情 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
其袂から手巾取出して、声立てさせじと口にませた。くして冬子は、空屋まで手取足取りに担ぎ去られたのであった。
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
洋服を着て仕舞へば、時計、手帳、蟇口手巾、地図、辞書、万年筆と、平生持歩く七つ道具はの棚と卓とに一定して置かれてあるので、二分と掛らないで上衣下袴
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
新さん、手巾でね、汗を取ってあげるんですがね、そんなに弱々しくおなんなすった、身体から絞るようじゃありませんか。ほんとに冷々するんですよ。
誓之巻 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
舟の横浜を離るるまでは、天晴豪傑と思ひし身も、せきあへぬ涙に手巾を濡らしつるを我れら怪しと思ひしが、これぞなか/\に我本性なりける。
舞姫 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
手巾を出してを払う)少し急いで歩いたものだから、汗がじっとりしたよ。(額や首をふく)
出家とその弟子 (新字新仮名) / 倉田百三(著)
佻易ニシテ威ナク、音楽ヲ好ミ、倡優に在リ、被服軽絹、常ニ手巾細物ヲ入レタル小嚢ヲ懸ケ、人ト語ルニハ戯弄多ク、ンデ大笑スルトキハ、頭ヲニ没スルマデニ至リ
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「あやまりまんがな。そない言はんかてあやまりまんがな」爺さんはぢ曲げるやうにして強ひて笑顔を作りました。そして手巾の結び目から小猫の死骸を覗き込みながら言ひました。
黒猫 (新字旧仮名) / 薄田泣菫(著)