環礁かんしょう――ミクロネシヤ巡島記抄――――ミクロネシヤじゅんとうきしょう――
寂しい島 寂しい島だ。 島の中央にタロ芋田が整然と作られ、その周囲を蛸樹やレモンや麺麭樹やウカルなどの雑木の防風木が取巻いている。その、もう一つ外側に椰子林が続き、さてそれからは、白い砂浜——海——珊 …
作品に特徴的な語句
羊歯しだ なみ あんこ 浪花節なにわぶし 皆目かいもく まつげ 干物ほしもの 手古摺てこず 渺茫びょうぼう 跳梁ちょうりょう 広東カントン 愚昧ぐまい 畏怖いふ 瞥見べっけん 万更まんざら 成人おとな 颱風たいふう 五歳いつつ 得々とくとく 海豚いるか 見遣みや げき 糜爛びらん ぼら 綿カポック 経師屋きょうじや 蔓延まんえん 頬髯ほおひげ 半身はんしん あじ 合歓ねむ 茱萸ぐみ 嚠喨りゅうりょう 不貞腐ふてくさ 汽船ふね 竪縞たてじま 爪弾つまびき 小肥こぶと 隈取くまど 凝乎じっ 讒謗ざんぼう 蔦葛つたかずら 鞠躬如きっきゅうじょ 朝凪あさなぎ あやま 雛妓すうぎ 目醒めざ 舌鼓したつづみ 呪縛じゅばく 語彙ごい はざま 経巡へめぐ あや 喇嘛ラマ 浩瀚こうかん いれずみ 八歳やっつ 漏斗じょうご 紆余曲折うよきょくせつ 夾竹桃きょうちくとう つい 改悛かいしゅん 茘枝れいし つつし 嗜虐しぎゃく 珊瑚礁リーフ 度外どはず 翹望ぎょうぼう たの 一刷ひとはき 四歳よっつ 昔語むかしがたり 蟾蜍ひきがえる 長汀ちょうてい 黒鯛くろだい 団栗眼どんぐりまなこ 光耀こうよう 慰藉料ツガキーレン 活仏いきぼとけ 嫉妬家やきもちや 独木舟カヌー 纍々るいるい 覚束無おぼつかな 顔料タイク 仏桑華ぶっそうげ 加特力カトリック ちく 陽除ひよけ 離島りとう 檳榔子びんろうず 密生 榕樹ようじゅ 罅隙かげき 三廻みまわり 景観ながめ 檳榔びんろう 索綱つな 遺址いし 面被ヴェイル 環礁かんしょう
題名が同じ作品