“別”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
わか45.0%
べつ28.8%
12.4%
わかれ6.8%
わけ1.9%
わかち1.1%
ワケ0.9%
べっ0.6%
0.4%
ほか0.4%
こと0.2%
びつ0.2%
べツ0.2%
また0.2%
わかり0.2%
わき0.2%
ワカレ0.2%
0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
高橋は、父親れたけれど、母親があるのでした。正吉だけは、両親がそろっていて、いちばん幸福であったのです。
世の中へ出る子供たち (新字新仮名) / 小川未明(著)
れども社界大弊根するありて、壯年有爲をして徃々にして熱火焔柱くの苦慘とせしむるあり。
罪と罰(内田不知庵訳) (旧字旧仮名) / 北村透谷(著)
それは今日の昼飯に怪しい僧にもけ、達もったような三個黍団子であった。顎髯の男はうんと云って背後に倒れて気を失った。
岩魚の怪 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
例によって浜辺には見送りの島の者がずらりと並んでを惜しんでいる。(一年に三、四回しか見られない大きな船がつのだから。)
「だから、世間じゃ言ってますよ。——江戸中の御用聞、ても捕物の名人と言われた平次親分が、お島に目をつけないのは可怪しい——って」
然し活動写真は老弱なく、今の人の喜んでこれを見て、日常の話柄にしているものであるから、せめてわたくしも
濹東綺譚 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
たけ・わか(稚)など、性格表示と、讃称とを兼ねた語頭の語が、語尾に廻ると、「……」「……」と言ふ風に、古いのやうな感覚を持つて来る。
日琉語族論 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
のほつれ毛が顔へ懸りまして、少し微酔白粉気のあるへぽッと桜色になりましたのは、して美しいものでございます。
敵討札所の霊験 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
忠太郎 別れて永え永え年月を、に暮してくると、こんなにまで双方の心に開きが出来るものか。
瞼の母 (新字新仮名) / 長谷川伸(著)
日本人は地味で言分はないが、一つ辞世だけは贅沢すぎる。死際にはお喋舌は要らぬ事だ。狼のやうに黙つて死にたい。
またその天の尾羽張の神は、天の安の河の水をきあげて、道を塞き居れば、し神はえ行かじ。かれに天の迦久の神を遣はして問ふべし
ヒエというたところで、になって帰りましたところが、親戚もなし、に何う仕ようという目途もないものですから願わくば此の繁盛る御府内でまア生涯朽果れば、え物を
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
妄念さずに此処退かつしやい、けられたが不思議嬢様してのおぢやわ、生命冥加な、おいの、修行をさつしやりませ。
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
ここにその矢雉子の胸より通りてに射上げて、天の安の河の河原にまします天照らす大御神高木の神一五御所りき。この高木の神は、高御産巣日の神のなり。
人死にて神魂亡骸と二つにたる上にては、汚穢ものの限りとなり、さては夜見の国の物になれば、その骸に触れたる火にのできるなり。
通俗講義 霊魂不滅論 (新字新仮名) / 井上円了(著)
香にほくる鉄の微塵や気色すら旋盤も人もししらずも
黒檜 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
玉島川ので会うた女が、自分の家は玉島川の川上にあるというて居つたが、その処女がを惜んで領布を振つた、その姿を見てから、玉島の川上の家が
和歌批判の範疇 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
猶よろしくおしかり被下度、実ニヘチヤクチヤりかね候人なれバ、実に御気のどくニ存候。早々。