“情”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
なさけ46.0%
じょう16.1%
なさ10.9%
じやう6.8%
こころ5.7%
つれ4.9%
すげ3.5%
こゝろ2.2%
なつか0.6%
ぜう0.5%
じよう0.3%
いろ0.3%
おもい0.3%
おもひ0.3%
ナサケ0.3%
じゃう0.2%
がら0.2%
ここ0.2%
たけ0.2%
なか0.2%
なさけな0.2%
もの0.2%
わけ0.2%
ハート0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
図書 (きつつ)お余る、お言葉ながら、活きようとて、討手の奴儕、決して活かしておきません。早くお手に掛け下さいまし。
天守物語 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
しかしそのも出来る事なら、生みの親に会わせてやりたいと云うのが、豪傑じみていてもい日錚和尚の腹だったのでしょう。
捨児 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
「そうだよ。おまえは善良忠実な友だちだ。けれどけないことにはほかのものがいないでは、もうたいしたことはできないのだ」
石狩の野は雲低く迷ひて車窓より眺むれば野にも山にも恐ろしき自然の力あふれ、此処に愛なくなく、見るとして荒涼、寂寞
空知川の岸辺 (新字旧仮名) / 国木田独歩(著)
太夫様が仰っしゃるには、先刻からお席をし、定めしない女子と皆様がお思いに違いない。けれどあのような困ったことはない。
宮本武蔵:05 風の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
その裏面には「ないはうつり気な、どうでも男は悪性者」という煩悩の体験と、「糸より細き縁ぢやもの、つい切れ易くびて」
「いき」の構造 (新字新仮名) / 九鬼周造(著)
寺では少しく迷惑らしいようであったが、相手が相手であるからなく断わるわけにも行かないので、結局承知して吉五郎を帰した。
半七捕物帳:69 白蝶怪 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
無論です、けれど本船當番水夫に、です、一人茫然してます、一人つてらぬをしてます。
何と云つても友達程しいものはない、我儘な、殊に我儘な自分の喜びや悲しみをほんとうに聞いて呉れるのは友達より他にない、それも同じ道に長い日を送つた友達
〔編輯余話〕 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
化物に一の必要條件は、文化程度非常密接關係するである。化物想像するにあらずしてである。ると化物發達しない。
妖怪研究 (旧字旧仮名) / 伊東忠太(著)
少焉泣きたりし女の声はく鎮りて、又湿にも語りめしが、一たびの為に激せし声音は、から始よりは高く響けり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
二人の顔にはいのがハッキリと現われているのであった。
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
「つい自分ばかりっていましたが、いまこそです。さあ久濶をお遂げなされませ」
私本太平記:13 黒白帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
は長く髪は短し、わが想ひに比ぶれば、この黒髪のなんぞ短き、である。
従軍五十日 (新字旧仮名) / 岸田国士(著)
其の鮎の獲れる場処と言ふのは、国頭海道の難処、源河の里の水辺である。里の処女の姿や、を謡ふ事が命の琉球の民謡には、村の若者のとりとめぬやるせなさの沁み出たものが多い。
若水の話 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
乳母めに、えてゐたら、かいがあったら、テニスののやうに、吩咐くるや戀人んでき、また戀人返辭手元飛返ってつらうもの。
締殺したるも必竟はと言しが五十兩の金子の事ならん其五十兩の引負金と云は如何の譯にて何にしや有體に申立よとの事に至り久八は元より千太郎の引負金を我身に引請たる事
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
ひたすら造物者への感謝のろ、崇敬のいに、身をふるわすばかりだ。
ある偃松の独白 (新字新仮名) / 中村清太郎(著)
みて相應に打ける折々は重四郎をの相手となせしを以て重四郎は猶も繁々出入なし居しが偶然娘お浪の容貌しきを見初しより戀慕止難く獨りせしがそ我が思ひの
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
是よりいたして雨の降るも風の夜も、首尾を合図におの計らい、通える数も積りつゝ、今はに棄てかねて、其のの如くなり。
いつでもいとひ/\してたのをして、いで俯向いた。
化鳥 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
母子だけしか知らない温かいっているかもしれないと、思うことだった。
九条武子 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
江戸一番の知りで、遊びも派手なら商売も派手、芸人や腕のある職人を可愛がって、四方八方から受けのいい万兵衛が、場所もあろうに、自分の家の風呂場で、顔を洗ったばかりのところを
詩人若し談理の弊に陥れば、其詩は即ち索然として活気を失はざるを得ず、何となれば是れ既にの声に非ずしての声なれば也。
詩人論 (新字旧仮名) / 山路愛山(著)