天守物語てんしゅものがたり
時不詳。ただし封建時代——晩秋。日没前より深更にいたる。 所播州姫路。白鷺城の天守、第五重。 登場人物 天守夫人、富姫。(打見は二十七八)岩代国猪苗代、亀の城、亀姫。(二十ばかり)姫川図書之助。(わかき鷹匠)小田原修理。山隅九平。(ともに姫 …
作品に特徴的な語句
ヶしょ だて ゆるぎ 夫人うちかた つっ おおせ ひろ さかしま けた すずし ほざ おろ ひま そら かたえ しょう がけ しゅう 輿かご ひとつ 一挺ちょう 一番いっち おおき うずく とこ 泡沫あぶく かつ いだ しっ わらい かぼ 姉様あねえさま はね 退さが 蹌踉よろよろ 埃溜はきだめ 汚穢むさ 裲襠うちがけ はげし 可愛かわゆ つぶら ほん 胡蝶ちょう りり 背向そがい 口惜くちおし しっか かげ ゆき 御前おまえ おもい 打笑うちえ 承塵てんじょう 夫人おくさま ひとし あらた しに 河骨こうぼね あかり 可恐こわ かしこま 叩頭こうとう まばゆ かえ たたり 禿かむろ わし いさま わらわ あが たか おお たけ 金色きんしょく 記念しるし こら せな 鬱陶うっと くれない 一拭ひとぬぐ さぐ まよい きま かか 雨宿あまやどり 掴出つかみいだ きつ ちかづ 追手おいて はるか 曠野あらの ひま つり