“一番”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いちばん47.9%
ひとつ28.2%
ひとつが9.9%
ひとつがい7.0%
いっち4.2%
つがい1.4%
ひとつがひ1.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ち、泡立ち、逆卷いて、其邊海嘯せた光景一生懸命鐵鎖めて、此處千番一番んだ。
「かねて承知なんじゃあないか、君、ここは一番粋を通して、ずっと大目に見てくれないじゃあ困りますね。」となそうにいった。
黒百合 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
残った二、三羽の小鳥は一番いのチャボにかえられて、真白なチャボは黄なカナリヤにかわって、彼の籠を占領して居る。
病牀苦語 (新字新仮名) / 正岡子規(著)
若布のその幅六丈、長さ十五のもの、百枚一巻九千連。鮟鱇五十袋。虎河豚一頭。大の一番。さて、別にまた、月のの桃色の枝珊瑚一株、丈八尺。
海神別荘 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「そうやのし。何が良えちゅうたかてのし。兄弟が仲良うお酒のんでお正月出来るちゅうのが一番良えのし」
俗臭 (新字新仮名) / 織田作之助(著)
してはじめて一秘符となる古文書を、中央からやぶいて二片一番としたさえあるに、しかも、その両片の一字一語に老工瀕死の血滴が通い
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
そして、それが出来上ると翌日、七里も先方牧場へ庄吉をつれて行つて、豚の一番荷車に乗せて運んで来た。
新らしき祖先 (新字旧仮名) / 相馬泰三(著)