新らしき祖先あたらしきそせん
或る年の、四月半ばの或る晴れた日、地主宇沢家の邸裏の畑地へ二十人ばかりの人足が入りこんで、お喋舌をしたり鼻唄を唄つたりして賑かに立働いてゐた。或る者は鋤を持つて溝を掘り、或る者はそこから掘上げられた土を運んで、地続きになつてゐる凹みの水溜を …
作品に特徴的な語句
ひど をへ かぐ ふい さふろふ 端折ぱしをり 地方はう かゝ かん 生長おひの はし 一番ひとつがひ にほひ とどま いづ 如何いかに いだ ゆは 区劃くくわく 憧憬しようけい 濁酒だくしゆ はてし 白堊チョーク 真裸まるはだか さふらふ 此地こゝ など ゆる 耕作しごと 呵々かゝ 喋舌しやべり 醜態ぶざま 嘲笑てうせう 執拗しつえう かへ 嬉々きゝ 孵化かへ たづ ぬれ よみがへ はし 飼犬いぬ 水溜みづたまり 相成あひな たぐひ ほゝ ぜん はじ 労働しごと にほ 取交とりか かんがへ 周囲まはり ざま こは 落胆がつかり つひ いたづ 庭掃にははき ゆだ 計画もくろみ 家中うちぢゆう たづ 一寸ちよつと 犂返すきかへ 玩具おもちや やうや 滑稽こつけい みぞ 田地でんぢ 永劫えいごふ ほと 書卓テーブル ゆゑ うらやま おほ さゝ 手拭てぬぐひ 所謂いはゆる 聯想れんさう 背丈せい 芍薬しやくやく 心臓ハート 心地こゝち 葡萄ぶだう おほ もつと 企画もくろみ たゝ