“計画”のいろいろな読み方と例文
旧字:計畫
読み方割合
プラン19.5%
たくら17.1%
もくろみ14.6%
けいかく9.8%
けいくわく9.8%
たくらみ9.8%
はかりごと4.9%
もくろ4.9%
プログラム4.9%
けいが2.4%
スケジュール2.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その裡に、彼女の心にも、少女らしい計画が考へられてゐた。さうだ! 此の次の日曜にも、お墓詣りをして見よう。
真珠夫人 (新字旧仮名) / 菊池寛(著)
彼女は、何かわたしが計画んでいるなと見破っていた。わたしが突然に行って、歩こうなぞということから例外すぎるのだったから。
朱絃舎浜子 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
「湖水の石棺を引き上げようというあの乱暴な計画がどうやらお蔭で止めになったらしい。これだけでも有難い」「女大明神とめようぞ」
八ヶ嶽の魔神 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
それをオーラのおとうさんが、きつけて、この計画をたてることになったのです。それは、おとうさんもよく知っていました。
一方には小説雑誌の気運日増して来たので、此際か発行しやうと金港堂計画が有つたのですから、早速山田密使つたものと見える
硯友社の沿革 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
あの女の計画では私の評判を悪るくして土地に居たたまれないようにさせ、この家を乗っ取る積りだったんだそうですよ
機密の魅惑 (新字新仮名) / 大倉燁子(著)
家を中心にして一生の計画を立てようという人と、先ずの外に出てそれから何事ようという人と、この二人の友達はやがて公園内の茶店へ入った。
並木 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
其処へ若い二人も呼んで、やかな、わたしの心の保養になる夏を過さうと計画むで、の間娘にその由を知らせてやつたのだが、何の音沙汰もない。
愚かな父 (新字旧仮名) / 犬養健(著)
昼からぎ出させ、水神まで一と往復した上、夕景から三囲の前に着けさせて、存分に夜桜の散るのを眺め、月が明るくなってから帰ろうという計画を立てました。
私はその男に会って、私が何かその男のやってる小さな計画についてしてやることが出来るように見せかけなくちゃならないね。——ところで、君はどんなことを
景色のいい千々石湾の海岸をバスに揺られて小浜諫早へ出て帰るつもりで計画を立てていたのです。
墓が呼んでいる (新字新仮名) / 橘外男(著)