愚かな父おろかなちち
月のいゝ晩がつゞく。月がいゝとわたしは団扇を持つて縁先に出る。こんなわたしにしろ、また隣の二階家の四角な影の二尺ばかり上に照る月にしろ、月を見れば空想ぐらゐはする。わたしはきつと娘の事を考へる。 許嫁の男の両親のもとに家事見習に行つてゐるそ …
作品に特徴的な語句
おつしや あた 計画もくろ 酔醒ゑひざめ うつ 態度ふり そなは 飛沫とばちり かう あやふ かは 敏捷すばし 如何いかゞ あぢは なほ 此方こつち 曾孫ひこ たと おほ うかゞ たづ たづ 身扮みづくろ 下手したで 茫然ばうぜん 憎悪ぞうを 悄然しよんぼり 御尤ごもつとも 平常へいぜい くつ こら かこ 可愛かはい 躊躇ちうちよ ほゝ 刷毛ブラシ つひ 恢復くわいふく ごろ 此処こゝ しん 頑固ぐわんこ ほと 仲人なかうど おび ひぢ 日除ひよ 障子しやうじ 見下みくだ もつ ゆびさ 羨望せんばう 罵倒ばたう ばか 我儘わがまゝ 傲然がうぜん しきゐ 兜町かぶとちやう にく しづ 其後そののち たゞ ひそ 素気すげ 一寸ちよつと 居据ゐすわ つい 許嫁いひなづけ 吃驚びつくり したゝ 大磯おほいそ 夕闇ゆふやみ いきほひ しや 半巾ハンカチ なほ 団扇うちは まなこ うはさ かつ かへ いと むこ 軽蔑けいべつ はず 綺麗きれい 飼兎かひうさぎ ゆる