“嘆”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
なげ46.3%
たん34.7%
かこ7.4%
なげき6.6%
こぼ2.5%
1.7%
タン0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あゝ孤獨落魄が僕の運命だ。僕見たいなが家庭を組織したら何うだらう。にはきをには悲しみをへるばかりだ。
虚弱 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
これに加うるに中国一流の華麗豪壮な調と、哀婉切々の情、悲歌慷慨の辞句と、誇張幽幻な趣と、拍案の熱とを以て縷述されてあるので
三国志:01 序 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
かの小窮窟な西洋の礼拝堂に貴族富豪のみ車をせて説教を聞くに、無数の貧人は道側に黒麪包を咬んで身の不運をつと霄壌なり。
神社合祀に関する意見 (新字新仮名) / 南方熊楠(著)
たまたま苦労らしいらしい事があっても、己はそれをの力で分析してしまって、色のめた気の抜けた物にしてしまったのだ。
如何にも鰹節が到る所に乾してあった、高くなった高くなったと朝晩勝手で女中を相手にしている妻の顔などが心に浮んで苦笑しながら無数に乾しひろげられたそれ等を見て通り過ぎた。
みなかみ紀行 (新字新仮名) / 若山牧水(著)
で、彦太も、みたいに、時々、独りいうことがあった。
(新字新仮名) / 吉川英治(著)
カカルワザリキ、将星チントシテ、我今生ノ命スデニ終ラントスルヲ天ノ告ゲ給ウアラントハ。——謹ンデ静夜ヲ仰ギ、カナル天心ニス。北極元辰モマタ天慈ヲ垂レ地上ノヲ聞キ給エ。
三国志:11 五丈原の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)