“タン”のいろいろな漢字の書き方と例文
ひらがな:たん
語句割合
22.2%
11.1%
11.1%
11.1%
11.1%
11.1%
11.1%
鳶色11.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
林黛玉の梅逢春がやっと一座に加わったのは、もう食卓のふかひれタンが、荒らされてしまった後だった。
上海游記 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
脂があつて、歯ぎれがよくつて、——え、なににする? まあ、タンへ入れるんですね。
LOS CAPRICHOS (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
せいの低いずんぐりしたタンは素手で敵の歩哨に掴みかゝって、のど笛を喰い切り、銃と剣を奪ってくるような男だった。
武装せる市街 (新字新仮名) / 黒島伝治(著)
——謹ンデ静夜ヲ仰ギ、アキラカナル天心ニモウス。北極元辰ゲンシンモマタ天慈ヲ垂レ地上ノタンヲ聞キ給エ。亮ノメイヤ一露ヨリ軽シトイエドモ任ハ万山ヨリ重シ。
三国志:11 五丈原の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
——玉鼠ギョクソ金虎キンコシタガッテ、奸雄一タンマン。
三国志:09 図南の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
しかし延宝えんぱう天和てんなかんの芭蕉は誰でも知つてゐるやうに、「憶老杜ラウトヲオモフ髭風ヒゲカゼフイ暮秋ボシウタンズルハゾ」「夜着は重し呉天ごてんに雪を見るあらん」以下、多数に海彼岸の文学を飜案した作品を残してゐる。
芭蕉雑記 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
「皆んなここで石炭をブチ撒けて引きあげろ。タンをあけて行くんだ」
坑鬼 (新字新仮名) / 大阪圭吉(著)
——諸葛氏ノ兄キン、弟タン、並ビテ令名アリ。各〻一国ニ在ルガ故、人以テウ、蜀ハ龍ヲ得タリ、呉ハ虎ヲ得タリ、シカシテ、魏ハソノイヌヲ得タリト。
三国志:12 篇外余録 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
灌木の繁みに引っ掛っていた女の児の鳶色タンの帽子と、鳶いろのスェタアを発見してそれらをドロシイの有と認めたのは、其の辺の、その沼のような泥水の岸でだった。
双面獣 (新字新仮名) / 牧逸馬(著)