“こぼ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:コボ
語句割合
34.1%
19.0%
11.5%
10.5%
6.1%
3.6%
3.4%
2.0%
2.0%
1.8%
1.0%
不平0.6%
0.6%
0.4%
0.4%
0.4%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
愚痴0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
給仕頭くらいの者に入れ知恵されて持って来た話というのは、たかだか気位の高い妻の讒訴をして愚痴をすくらいのものだろうと
陰獣トリステサ (新字新仮名) / 橘外男(著)
林「へえ恐入りました、ヒエ/\れます/\……有難い事で、お左様なれば頂戴いたします、折角の事だアから誠にはや有難い事で」
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
「それはゴールデン・バットについてなのだ。君はあすこの床の上に、バットがバラバラれているのに気がつかなかったかい」
ゴールデン・バット事件 (新字新仮名) / 海野十三(著)
れたる柱、碎けたる石の間には、放飼あり、牛ありて草をみたり。あはれ、こゝには猶我に迫り、我をめざる生物こそあれ。
うしたい。源「ハツ/\。金「おゝ/\お湯もれて大変だ。源「ド何卒お湯をもう一杯下さい。金「サおり。源「へい有難う。 ...
黄金餅 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
ふといたお政の声に、怖気の附いた文三ゆえ、吃驚して首をげてみて、安心した※お勢が誤まッて茶をしたので有ッた。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
江戸褄模様にれ梅、紅白の上絵彩色銀糸にて松葉を散らしに縫わせ……英泉の筆意を頼み、下着は縮緬鼠のさや形
残されたる江戸 (新字新仮名) / 柴田流星(著)
中にはすでに口を開けて、炭団のように大きな栗の実が、いまにもれ落ちそうに覗いてさえいるのだ。いや、それだけならばまだいい。
火星の魔術師 (新字新仮名) / 蘭郁二郎(著)
俺はしお万のした油をアめて了つた太郎どんの犬さ。其俺の身の上しが聞きたいと。四つ足の俺に咄して聞かせるやうな履歴があるもんか。
犬物語 (新字旧仮名) / 内田魯庵(著)
楽器をつものは社会から音楽を奪う点において罪人である。書物を焼くものは社会から学問を奪う点において罪人である。
野分 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
田といふ田には稻の穗が、琥珀色に寄せつ返しつ波打つてゐたが、然し、今年は例年よりも作がと劣つてゐると人々がしあつてゐた。
天鵞絨 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
持ちながら、不平すなんてのは、有難冥利に尽きるこった。いや、おいらの子だが、庄公は感心者だ。どこへ出しても恥かしくねえ、なんと立派なもんじゃあねえか、なあ婆さん。
此頃も、馬流へ行った時、正公のところへ寄って、正公ちったあ上げて貰いやしたかね、と聞いたら、弱ったよ、今月は五十銭も上るかと思ったに、この模様ではお流れだ、と言ってしていやした
藁草履 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
それからまた湯に入れて三十分間ほど煮てはしまた三十分煮ては漏し一時間半位に三度湯煮漏すとアクが除れます。
食道楽:春の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
と女房はしみじみした。
世間師 (新字新仮名) / 小栗風葉(著)
で、よくよく座敷の中をべてみると、その座敷の隅々四隅に、素麪とお茶が少しずつ、したように置いてあった。
□本居士 (新字新仮名) / 本田親二(著)
虎が圏中で吼ゆるを観たが一向懼ろしくなかった、家内にあって山上の虎声にき酒をしたなどは余程の臆病者じゃ。
滑稽でもあり氣の毒でもあつたのは校長の進藤で、勝敗がつく毎に鯰髭を捻つては、『年を老ると駄目です喃。』としてゐた。
鳥影 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
してゐた。一度昌作に代つて読手になつたが、間違つたり吃つたりするので、二十枚と読まぬうちに富江の抗議でめて了つた。
鳥影 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
ここを以ちて大殿れて、悉に雨漏れども、かつて修理めたまはず、一〇をもちてその漏る雨を受けて、漏らざる處に遷りりましき。後に國中を見たまへば、國に烟滿ちたり。
より屑買、「ゃまた一日と十五日が巡回日で今日もって来たのじゃが、この様子では入ってからは出来ぬらしい、やれさても。」と大きに愚痴す。
貧民倶楽部 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
襖がすらりとあいたようだから、振返えると、あらず、仁右衛門の居室ったままで、ただほのかに見えるれ松葉のその模様が、しい百人一首の表紙に見えた。
縁結び (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
それでもまだ十分ではないと見えて、皇帝は話が金銭の事になると、いつも「足りない、足りない。」と言つてしてゐる。
と、少しく失望して来る私の心は、容易く「えゝつ!」といつたやうな気分を誘ひ出して、折角気をつけて白いのに替へたテーブルクロスに、と汁でもしてやりたいやうな気になる。
脱殻 (新字旧仮名) / 水野仙子(著)
まで言切らぬ内、文三は血相を変てツと身を起し、ツカツカと座舗を立出でて我子舎へ戻り、机の前にブッ座ッて歯を噛切ッての悔涙、ハラハラと膝へした。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
又仏の像を造ること既にりて、堂に入るることを得ず、諸々工人計ることはず、に堂の戸をたむとせり。然るに汝、戸をたずして入るることを得つ。此れ皆汝がなり。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
四万に居やアがった時に何と云った、瀧川左京と云う旗下のでございますが、兄にされてと涙をしたをに受けて、は五十円と云う金を出し、汝を身請して橋場の別荘へ連れてッて
霧陰伊香保湯煙 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
と思うと涙をらちもなくすのと、他愛もなく笑いこける事より存じませぬ者ばかりでござりますもの。
胚胎 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)