残されたる江戸のこされたるえど
江戸ッ児の教育 顔役の裔 三ヶ日と七草 揚り凧 藪入と閻魔 節分と鷽替 初卯と初午 梅と桜 弥助と甘い物 渡し船 汐干狩 山吹の名所 節句 筍めし 藤と躑躅と牡丹 初松魚 釣りと網 初袷 五月場所 花菖蒲 稗蒔 苗売り 木やり唄 浅草趣味 …
作品に特徴的な語句
たず やかまし しみった ささ 螽斯キリギリス ふく やぶさ あし ようよ そそ かて 吾儕わがせい あざ さなが ゆるが あさ 時鳥ホトトギス 気勢きお こぼ なず うん かこ 如此かくのごとき だる たず たず 料理りょう 木履ぽくり おもね 蹂躙ふみにじ 轡虫クツワムシ 頃者けいしゃ 鷽替うそかえ 今茲こんじ おし くわ 垂綸たれいと はや しばら 屡次しばしば 昔者せきしゃ 浮標うき 温味ぬくみ そぞろ こま とも しか 独鈷どっこ ぬけがら たけなわ おおとり 一入ひとしお 乾児こぶん 仙寰せんかん 代物しろもの 仰有おっしゃ 估券こけん とぎ すす にわか 兄哥あにい 凝乎じっ 却々なかなか 吃驚びっくり けち 含嗽うがい さわ 囈言うわごと 囈語うわごと 塩梅あんばい 如此かくのごとく けん はら 家苞いえづと 宿禰すくね 小狡こざか 就中なかんずく たす 庶幾しょき いや 微醺びくん 心太ところてん おもかげ はばか 懼気おじけ 打遣うっちゃ ひか 抽斗ひきだし かたがた 旋毛つむじ さき 業平なりひら 殿しんがり