“塩梅”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あんばい94.1%
あんべえ3.6%
あんべい2.0%
あんばえ0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
いい塩梅半月ばかりは何事もないので、少し安心する間もなく、六日前にまた一人、今度は日本人が行くえ不明になったんです。
麻畑の一夜 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
作「話したってかんべえ、それで其の蚊帳質屋へ持って行こうって取りに掛ると、女房塩梅いし赤ん坊は寝て居るし」
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
塩梅でも悪くはないかと、案じて様子を聞きにまいりましたのでがんすと云って、どうかお取次を願いていもんです
しの「誰方だか知りませんが、どうぞ此方へ這入ってお呉んなせえまし、塩梅いから立ってけねえでがんす」