塩梅あんべい)” の例文
塩梅でも悪くはないかと、案じて様子を聞きにまいりましたのでがんすと云って、どうかお取次を願いていもんです
親父が塩梅が悪いので手前往って仕切を取ってうというので、仕切を取りに来ましたよ、んに取引先きは神田佐久間町の善右衞門が一番えから
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
彼処へ往って一晩や二晩は泊って来てもいゝからというが、親父が塩梅が悪いからハア、早くるべいと思ってハア
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
婆「お天気が宜く続きます、毎度あなた方のお噂ばかりいたして居りますよ、此の塩梅ではお天気も続きましょう、どうも春にならなければお団子も売れませんよ」
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
兼「それが天道人を殺さずというのだ、世界の事アんな其様塩梅に都合よくなってるんだけれど、人間というお世話やきが出てごちゃまかして面倒くさくしてしまッたんだ」
名人長二 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
左様だがね、イ三十の時から此家へ奉公して、六年に近所へ世帯を持ったのだが、しねえ時ア斯うして毎度手伝に来るのさ、一昨日おせゆッ塩梅がわりいって城堀ったから
名人長二 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
此の頃じゃアハア手紙の一本書ける様になったのアの旦那の御厄介でがんすから、おがこうなって遠いえ行くてえたらも附いて行かないばなんねえが、婆様塩梅が悪うござえまして
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
私イ孩児の世話アして草臥れたから、次の間に打倒れて寝てしまって、夜半に眼イすと、夫婦喧嘩がはだかって居るのサ、女の方で云うには、塩梅に云いくるめて、旦那にかぶして置いたが
名人長二 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
伴「これは掘出して明日古河の旦那に売るんだ、だか雨がポツ/\降って来たようだな、向うの渡し口の所からなんだか人が二人ばかり段々こっちの方へ来るような塩梅だから、見ていてくんねえ」
伴「よし/\、それじゃア内の方をいゝ塩梅にして屹度ねえよ」
早「それアいな、何ういう塩梅に」
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
作「塩梅いてえがうかえ」
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
早「だから何ういう塩梅だ」
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
伴「おどんな塩梅だ」