怪談牡丹灯籠かいだんぼたんどうろう04 怪談牡丹灯籠04 かいだんぼたんどうろう
寛宝三年の四月十一日、まだ東京を江戸と申しました頃、湯島天神の社にて聖徳太子の御祭礼を致しまして、その時大層参詣の人が出て群集雑沓を極めました。こゝに本郷三丁目に藤村屋新兵衞という刀屋がございまして、その店先には良い代物が列べてある所を、通 …
作品に特徴的な語句
わッち なれ つけ やじ きよ むず すけ 父様やじさま けど ちっと かた にや ぶく 下手へーた こえ うも にッこ 母様はゝさま むだ でっ よッ たゝ はや おのこ おっ 良人つれあい みょう よっ だまか しば まか 掛合かゝりえい くす おの ちっと あく かゝ いゝ 此家こっち 女子にょし にッ なか 間断たれま へい ひけ もちい たえ じか がわ こん すけ はい あや 下手ぺた うま 突切つッきっ うち しい かゝわ あし こゞ おせ あげ ふり わぶ 矢張やッぱり わっち みず かたえ おっ くゆ 盗人ぬすみて そなえ こた 客間きゃくのま ひらき 大地だいじ こう おい ぺい いら 掌中たなぞこ 骸骨しゃりこつ よっ ひたえ ごう おろ よう 装飾こしらえ うべ 歿みま
題名が同じ作品
怪談牡丹灯籠:01 序 (新字新仮名)坪内逍遥 (著)
怪談牡丹灯籠:02 序 (新字新仮名)総生寛 (著)
怪談牡丹灯籠:03 序詞 (新字新仮名)若林玵蔵 (著)