“欺”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あざむ51.2%
だま38.9%
あざ2.6%
かた0.7%
いつわ0.7%
かつ0.7%
アザム0.7%
あざむき0.4%
0.4%
たばか0.4%
0.4%
だまか0.4%
だまし0.2%
あざむい0.2%
あざむか0.2%
いつは0.2%
かたり0.2%
たば0.2%
たら0.2%
0.2%
0.2%
まやか0.2%
0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
おつぎは勘次敏捷くにはだけの注意はなければならなかつた。それもなことでつにられてた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
されたとは思いませんでしたが、その時始めて小田切さんの姿、いや、男の人というものの真の姿を見たような気がいたしました。
情鬼 (新字新仮名) / 大倉燁子(著)
……吾々は歴史にむかれてはならない。常に悪魔的な正しい目で歴史を読んで行かないと飛んでもない間違いに陥ることがある。
悪魔祈祷書 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
とすれば山鹿にられた、そして又それを口実に管理されてしまった鷺太郎の財産は、この裸体国の為に、消費されてしまったのであろう。
鱗粉 (新字新仮名) / 蘭郁二郎(著)
ここに天皇は黒姫をお慕い遊ばされて、皇后樣につて、淡路島を御覽になると言われて、淡路島においでになつて遙にお眺めになつてお歌いになつた御歌
ぎだとは知ったんですが、お初会の方に、お怨みを言うのも、我儘と存じて遠慮しました。
菎蒻本 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
おい李固さん、お役所前の戒石に、こうってあるのをしらねえな。——下民ハゲ得ルトモ、上天ハキ難シ——と。真っぴら、真っぴら。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
先生を他国の人と眼解てたばこの火をたるならん、可憎々々否々にくむべからず、たばこの火をて美人にえん(烟縁)をむすびし」と戯言ければ、岩居を拍て大に笑ひ、先生
かぶっていたのです。そこに、真犯人の恐るべきまんが隠されているのです。しかし、そのことは、あとでゆっくりお話ししましょう
吸血鬼 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
しかるときは、われはわが胸に君を掻きいだきゐるがごとき心ちす、ひねもす心も切に恋ひわたりゐし君を。ああ、甘き睡りよ、われをりてなりとも慰めよ。
大和路・信濃路 (新字新仮名) / 堀辰雄(著)
『悪い狼奴がどうして妾をまして、出世をしたか——』といふ長い文章を書いて王様に進呈しました。
小熊秀雄全集-14:童話集 (新字旧仮名) / 小熊秀雄(著)
相川のお嬢には相助という若党が大層に惚れて居るから、を旨くし、孝助と喧嘩をさせて置き、で喧嘩両成敗だから、らの方で相助を追い出せば
流して泣居るに大岡殿三吉を見らるゝに如何にも物賢こく利口さうなる小僧ゆゑ此者を能々聞糺さば百兩の盜賊も知れるに相違なしと最初より目を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
実はて人を試験するようなもので、徳義上に相済まぬ罪なれども、壮年血気の熱心、から禁ずることが出来ない。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
こはかれが一時れなるべし、かゝる妖魅の術はありながら人にれてへらるゝは如何
ここに建振熊の命りて、「息長帶日賣の命は、既に崩りましぬ。かれ、更に戰ふべくもあらず」といはしめて、すなはち弓絃を絶ちて、りて歸服ひぬ。
其方義夫傳吉の留守中昌次郎と奸通致しさへ傳吉歸國密夫昌次郎に大金を旁々以て不埓に付三宅島遠島申付る
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
舁込しがの老女一人居り其時彼の町人と思ひし男私しにひ最早此所迄來る上は如何にぶとも詮なし翌日は京の遊女町へ連て金にするなれば其心得にて此姥樣の處に今宵悠々と泊り居よと云れて偖は惡漢にかられしか殘念や口惜やとれんとすれ先づは
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
あまりの窮屈にいざ廣々とならんには我れをして君樣いとしと言はせ、何も時世とあきらめ給へ、正しき妻とは言ひ難けれど心は後の世かけてなどゝ
暗夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
その女が、これも化けた一つので、までえて、無事に帰してくれたんです。が、こちらが身震をするにつけて、立替の催促がしく来ます。
薄紅梅 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
の爺様の代に此店の先代という人にうまうま一杯められて——ああ口惜しい
矢文の天誅はしだ。なあ、真正の犯人がなんでわざわざ己が字を残すもんけえ。土台、あの矢が弓で射たもんなら、ああ着物を破いちゃあ身へ届くわけがねえ。
年は四十五六、繊細な手にすら小皺が見えてゐた
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)