“うそ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ウソ
語句割合
63.5%
9.3%
虚言7.0%
5.3%
2.3%
嘘言2.1%
虚偽2.1%
1.3%
1.1%
虚構1.0%
虚誕0.7%
虚僞0.4%
0.3%
0.3%
0.3%
0.3%
虚事0.3%
虚妄0.1%
0.1%
虚情0.1%
0.1%
偽言0.1%
嘘伝0.1%
嘘説0.1%
0.1%
空嘯0.1%
虚欺0.1%
虚譚0.1%
訛言0.1%
譃言0.1%
迂疎0.1%
0.1%
0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
力松はさう言つて口惜しがるのです。一國らしい中年者で、田園の匂ひが全身にれるだけに、此男にがあらうとは思はれません。
すると菊池はを挙げながら、「だよ、君」と一喝した。僕は勿論さう云はれて見れば、「ぢや譃だらう」と云ふはなかつた。
虚言いて……革財布は彼方で入用とはなんだ、ちゃんと此処に百金届いていますよ……其の百両の金は何処から持って来たんだ
文七元結 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
岩松の言葉には、もう掛引ももあろうとは思われません。それを聞いて一番驚いたのは、隅の方にまっていた、縄付の新吉でした。
が、そのことを其處の僧に言ふと、僧は苦笑しながら、今年はどうしたのかこの裏山から奧にかけての鳥が誠に多く、みな彼等に花の蕾をたべられてしまひましたといふ。
花二三 (旧字旧仮名) / 若山牧水(著)
吉原で大尽遊びをして来たと景気のいい嘘言を吐こうと思った勘次は、これでいささか出鼻を挫かれた形で逡巡となった。
... 拵えますが僕はよく知りません。しかし玉子は真誠の半熟が一番消化も良し、味も良いようです」主人「半熟に真誠虚偽があるかね」
食道楽:春の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
云ふ女なり何時が手前に百兩などと云ふ大金をしやコレ宜加減と恐ろしき眼色にて白眼付けるを大岡殿見られコレ/\久兵衞當所を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
此様な事ならまだ幾らでも列べられるだろうが、列べたって詰らない。皆だ。でない事を一つ書いて置こう。
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
腸チブスの予後にあるものが、食欲がない……そんなしらじらしい虚構があるものか。みんな虚構だ。岡のいう事もみんな虚構だ。
或る女:2(後編) (新字新仮名) / 有島武郎(著)
君江はこれを読んだ時、何だか薄気味のわるい、誠にいやな心持がした。左の内腿に初めは一つであった黒子がいつとなく並んで三つになったのは決して虚誕でない。全くの事実である。
つゆのあとさき (新字新仮名) / 永井荷風(著)
成程海中潜行するが潜水艇虚僞ではないにしても、從來實例では、是等潜行艇海水壓力めと空氣缺乏海底以下沈降するものは
誰も平気にをつく。然し看板を出した慾張り屋の与右衛門さんは、詐を云わぬ、いかさまをせぬ。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
その時は一篇五十円くらい取ってやるんだと、私達は無名の友人の間でぶいていた。
我が愛する詩人の伝記 (新字新仮名) / 室生犀星(著)
、狐、狸、狗、鹿、鯨、また殊に膃肭獣のタケリ、すなわち牡具明礬で煮固めて防腐し乾したのを売るを別段不思議と思わず。
雨戸の隙を潜って寒く障子を染めた曉の光の中に、石油だけは流石に凍らぬと見えて、を細めて置いた吊洋燈昨夜の儘にりとつて居たが、茶を注いで飮まずに置いた茶碗が二つに割れて
菊池君 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
川地のはキラリ輝けり「ぢや、吾妻、今日まで報告した彼奴の秘密は、虚事だと云ふのか」
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
「それが、貴方にあるたった一つの障害なのじゃ。歪んだ空想のために、常軌を逸しとるのです。虚妄烽火には驚かんて」
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
しかし僕は、指一本動かさせただけで、また詩文の字句一つで発掘を行い、それから、詩句で虚妄を作らせまでして、犯人の心像をき出したのだ
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
荒「高利貸と云ふのはどうもぢやらう。全く余り多くの涙を有つてをる。惜い事をした、得難い才子ぢやつたものね。あれが今居らうなら……」
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
お前さんの云ふことは皆だ。その手で雅之をしたのだらう。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
小遣いにせよと言われたその紙入れを握ッている自分の手は、虚情でない証拠をつかんでいるのだ。どうしてこんなことになッたのか。
今戸心中 (新字新仮名) / 広津柳浪(著)
嬉しい中に危ぶまれるような気がして、虚情実情か虚実のに迷いながら吉里の顔を見ると、どう見ても以前の吉里に見えぬ。眼の中に実情が見えるようで、どうしても虚情とは思われぬ。
今戸心中 (新字新仮名) / 広津柳浪(著)
新聞なるものゝ平気にをつく事をまだよく知らぬ人達の間には大分影響したと見え、見舞やら問合せの手紙はがきなどいくらか来て、余は自身で自身の正気を保証す可く余儀なくされた。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
東京近在で展望無双と云わるゝもではなかった。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
当局に於いては虚心平気で実地の真情をさに調査報告し、改良すべき点ありと認むれば、飽迄も之が改善を命ずるのである、腹蔵なく述るがよい、世評が嘘伝であって欲しいと思うと述べた。
監獄部屋 (新字新仮名) / 羽志主水(著)
「あるいはそうであろうかにも思いましたよ。では、ただ村のものがい加減な百物語。その実、嘘説なのでございますので?」
草迷宮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
皆遣る。遣ればもう遣るものが無くなる。無くなれば慈善もしなくつても善い。罪は社会にあるのだ。の乞食でも僕はかまはぬ。金をやる
して竜神さんの物語りつぶせば、として虚欺通信ることになり、それもがとがめてなりませぬ。
どうも虚譚らしいが、これにやや似て実際今もあるはブラジルのカンジル魚だ。長わずか三厘三毛ほどで小便のいを好み、川に浴する人の尿道に登り入りて後、頬のを起すから引き出し得ず。
胸算用、巻二の二、訛言は聞かぬ宿)
新釈諸国噺 (新字新仮名) / 太宰治(著)
女中に対しても同じです。余計なお饒舌譃言う時には口では云わずになるたけきつい顔して無言のいましめをしてやります。
彼は冒険好奇の人なり、そのから品題するや曰く、「吾が性は迂疎堅僻にして、世事において通暁する所なし。独り身を以て物に先んじ、以て艱を犯し険をすを知るのみ」
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
なんでも蝋での形を拵らえて、それに彩色をほどこして、非常にいい値で売ったのである。
ると、降積つた大竹藪弓形したので、眞白隧道が、ばら/\と千鳥兩方飛交して小蓑に、萌黄の、蝋燭れたのは、山雀
麻を刈る (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)