“冒”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
おか83.2%
をか11.2%
かぶ1.7%
1.7%
1.1%
おかし0.6%
ヲカ0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
多少の線はしても、敵方の給与を少々こちらへも廻してもらうしかありません。どうか今日のところはお見のがしを。……はははは
私本太平記:07 千早帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
それは病氣の問題だ。彼の病はもう左肺をして居ると云ふことを彼は自覺して居つた。病氣で死ぬ位なら、いつそ××の爲に死なう。
計画 (旧字旧仮名) / 平出修(著)
シャパロンてふ頭巾は十四世紀に始めて英国で用いられ、貴族男子や武士がったが、十六世紀よりは中年の貴婦人が専ら用いた。
あくる日、樋口さんは、ちょいと風邪をいたのだと言いその手当をしたが、「どうも弱い子ですね。上野まで出て、コレだから大変だ。」
童子 (新字新仮名) / 室生犀星(著)
非我のうちに酒と云うものがあって、その酒が、ある因縁で、外から飛び込んで来て、我をかした、もしくは我が冒されたと承知するのであります。
創作家の態度 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
そこであなたの自ら好んでおになる危険は宜しいのですか。あなたはあの土地で、その手で人殺しの罪を犯して、その罪がまだ贖われずにいるのですよ。
「天つのりと」の名をすやうになつたものではないかと思はれるのである。
日本文学の発生 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)