“冒險”の読み方と例文
新字:冒険
読み方割合
ばうけん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さうして、もし冒險成功すれば、不安不定弱々しい自分出來はしまいかと、果敢ないいたのである。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
猛犬は、——土地ではまだ、深山にかくれてきてぜられてます——雪中行軍して、河内けようとした冒險に、教授二人某中學生が十五
雪霊続記 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
三五 雄鷄冒險
ふるさと (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)