“雄鷄”のいろいろな読み方と例文
新字:雄鶏
読み方割合
をんどり75.0%
おんどり25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「イヤになるなア、金なんざ百も欲しくねえが、江戸の良い娘がベタれといふが出ませんかね。塵溜をあさつてゐる雄鷄の生れ變りで結構だから」
ああ私はこはれた日時計 田舍の白つぽい雄鷄です。
定本青猫:01 定本青猫 (旧字旧仮名) / 萩原朔太郎(著)
何度何度雄鷄りまして、そこからばうとしましたが、そのをばた/″\させてりてしまひました。
ふるさと (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)
雄鷄はこのびにて、があんなつてくのも、自分つけにくのだといふことをりました。
ふるさと (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)