“空”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
そら25.2%
から17.1%
くう14.8%
むな14.7%
10.1%
8.1%
うつ1.5%
むなし1.2%
あだ1.1%
1.1%
うつろ0.9%
あき0.9%
すき0.5%
むだ0.4%
クウ0.2%
0.2%
カラ0.2%
0.2%
すか0.1%
ぞら0.1%
0.1%
ソラ0.1%
がら0.1%
すい0.1%
むなしゅ0.1%
うそ0.1%
ムナ0.1%
あけ0.0%
いたずら0.0%
うは0.0%
そォら0.0%
へつ0.0%
まど0.0%
むなしゅう0.0%
むね0.0%
むろ0.0%
アキ0.0%
ムナシュ0.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
い、しいに、がる、煙突幾本った工場がありました。その工場では、チョコを製造していました。
飴チョコの天使 (新字新仮名) / 小川未明(著)
になつた渡船へ、天滿與力をいからしてつた。六甲山まうとする西日が、きら/\とれの兩刀目貫らしてゐた。
死刑 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)
広い室内のの方へ、背後に三角のを残して、ドカリと、傍床の前に安坐を組んだのは、の、京極流を創造した鈴木鼓村だった。
朱絃舎浜子 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
古井戸は、先住ものにふことありて其處しくなりぬとぞ。ちたる犇々としていなるのおもしをいたり。
森の紫陽花 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
編輯者は、私のこんな下手な作品に対しても、わざわざペエジをけて置いて、今か今かと、その到来を待ってくれているのである。
乞食学生 (新字新仮名) / 太宰治(著)
阿Qは近来生活の費用にしみ内々かなりの不平があった。おまけに昼間飲んだの二杯の酒が、廻れば廻るほど愉快になった。
阿Q正伝 (新字新仮名) / 魯迅(著)
無理に申させても取上には相成ぬぞ其源次郎と申はナ細川の家來にて井戸源次郎と云者新吉原の三浦屋四郎左衞門への遊女せみを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
腰弱き彼等のするに足らざるを憤れる蒲田は、宝の山にりながら手をうする無念さに、貫一が手も折れよとばかり捩上れば
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
さては相見ての後のたゞちの短きに、戀ひ悲みし永の月日を恨みて三なるを觀ぜし人、へばれか戀のに非ざるべき。
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)
腹もっていた。寒気は、夜が深まるにつれて、身に迫ってめつけて来た。口をけば、残り少ない元気が消えてしまうのをれた。
石狩川 (新字新仮名) / 本庄陸男(著)
化粧をしないおせいの顔が艶々と光つてみえる。富岡は、魂のない眼差しで、おせいのどつしりとした胸のあたりを見てゐた。
浮雲 (新字旧仮名) / 林芙美子(著)
私は阪本さんのために珍しく笑はせられながら、床の間の玩具棚の光で見ようとしてくのです。下の棚はがらになつて居るのです。
遺書 (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
足のぐらぐらする餉台の上には馬鈴薯と大根とのごった煮と冷たい飯とだけだった。それでもっ腹には旨かった。
神棚 (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)
智惠子は考へ深い眼を足の爪先に落して、歸路を急いだが、其心にあるのは、例の樣に、今日一日をに過したといふ悔ではない。
鳥影 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
が動き出した。片手は、まつくらなをさした。さうして、今一方は、そのまゝ、岩の上を掻き搜つて居る。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
丘陵のような山脈の遠くから激しく移動する灰色の雲と一緒に、湿気をもったらッ風が轟々をあげて襲ってくるのだった。
冬枯れ (新字新仮名) / 徳永直(著)
高圓山の墓原も、佐紀の沼地・雜木原も、又は、南は山村、北は奈良山、泉川の見える處まで馳せ𢌞つて、戻る者も、戻る者も皆足を踏んで來た。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
その精誠に至りては、天もまた泣くべし。「かくとしも知らでや去年のこの頃は君をら行く田鶴にたとえし」
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
しかしあまり長くそこに立っていたためにすっかりお腹をしてしまいました。しかし、たれもが塔の上へ食物を持って行くことなど考えもしませんでした。
イワンの馬鹿 (新字新仮名) / レオ・トルストイ(著)
これから、この文句は、北国って、子供たちが、いまでも夕焼ると、そのをうたうのであります。
北の不思議な話 (新字新仮名) / 小川未明(著)
京中で、此恵美屋敷ほど、庭をんだ家はないと言ふ。門は、左京二条三坊に、北に向いて開いて居るが、主人家族の住ひは、南を広くけて、深々とした山斎が作つてある。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
ところがまるで、追つかけるやうに、藤原の宮は固より、目ぬきの家竝みが、不意の出火で、其こそ、あつと言ふ間に、痕形もなく、となつてしまつた。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
そのんとした図書室を横切って、突当りの明りが差している扉を開くと、そこは、好事家垂涎の思いをさせている、降矢木の書庫になっていた。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
國府津が三四連結してあるので紅帽注意にそれにむとして同乘者老人夫婦きりでた、れたのと
湯ヶ原ゆき (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
その上に天下の人気を背負って立って、一世をうする大文豪であるかのように歌いはやされていたから、当時の文学少女の愛慕の中心となっていた。
美妙斎美妙 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)
また一説にはこれら皆で実は尊者の名パトリックをノールス人がパド・レクルと間違え蟾蜍を(パダ)い去る(レカ)と解した。
又店のしい最中に店をた事も有ます相で(荻)夫ではうしてもお紺を
無惨 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
今時の民家は此様の法をしらずして行規にして名をし、親兄弟にをあたへ一生身をにする者有り。口惜き事にあらずや。女は父母の媒妁とに非ざれば交らずと、小学にもみえたり。
女大学評論 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
槍はげど、のそら、渋面つくれど供奴
東京景物詩及其他 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
の上からみんなの小鳥が
まざあ・ぐうす (新字新仮名) / 作者不詳(著)
モウ二三るまで待つてはられぬ、らぬのぢや——めしと間違たとふ話です、其頃商売ではなかつたから、其位のものでござりましたらう。
落語の濫觴 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
まちれた身體をそつと椅子にもたれて、かなをのぞこふとをのぞくと、窓際川柳青白しくのびてた。
追憶 (旧字旧仮名) / 素木しづ(著)
唯我独尊を称したる釈迦如来は、絶対に自らを尊べり、絶対他力を唱えたる親鸞は絶対に他をで自個をせり、孔子耶蘇とは他を尊んでまた自個を尊べり
絶対的人格:正岡先生論 (新字新仮名) / 伊藤左千夫(著)
季節しくすことが一でも非常損失であるといふ見易利害打算から到頭されて所懸命勞働從事した。はもう卯平一言かなくなつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
うつの墓のしづけさ。
泣菫詩抄 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫(著)
十三年に一度、其年の八月の一日から三日間、殿庭とも、あさぎともいふ、神あしやげ前の地に、七つに板七枚渡した低い橋を順々に渡つて、あしやげの中に入るのである。此を七つ橋といふ。
琉球の宗教 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
院ノ庄の行宮へ忍んで有名な——天勾践ウスルレ——を桜の木に書いて去ったと伝えられる児島高徳(備後ノ三郎)は、どうもむずかしいの人物なので
随筆 私本太平記 (新字新仮名) / 吉川英治(著)