“耐”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
こら35.7%
たま32.0%
20.3%
こた6.8%
1.1%
たへ0.8%
たゆ0.4%
こち0.4%
こらえ0.4%
これ0.4%
たう0.4%
たえ0.4%
たた0.4%
たまら0.4%
0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と半分残っていた吸物椀を打掛けましたから、すっと味噌汁が流れました。流石温和の仁もち疳癖が高ぶりましたが、じっと
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
かうした機会の度毎に繰り返される愚痴は、何時でもつてゐた。けれど、同じ事だけに逸子はそれを聞くのがらなく嫌やだつた。
惑ひ (新字旧仮名) / 伊藤野枝(著)
牛にはなんにもありつけなかったような場所で、馬は食いものを拾うことができるのである。それに、寒さにも比較的よくえる。
森川さんは待ちえられなくって、上って来たんだ。これから後の事は余り気の毒だから書くまい。第一森川さんの見識に関する。
いたずら小僧日記 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
今までらえていた女学生が一度にわっと笑いだしたものですから、驚ろいた事も驚ろいたし、りがるい事も悪るいし、それで腰を折られてから、どうしてもがつづけられないので
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
その雪に入りてざるを大勢が笑ふ、よりこれをるも雪中の一興なり。
依て六七貫目以上の重量にては、強て耐忍する時は両肩は其重さによりされて、其みにる事能わざるを以て、其重さに困る事を知るも
関牧塲創業記事 (新字新仮名) / 関寛(著)
周三は、畫室を出ると、また父に取捕まつて、首根つこを押へ付けて置いてめ付けられるのがいのだ。で、氣臭いのをおつへて、穴籠と定めて了ふ。
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
って行く。が地にんで、するに痛さはきれないほど。うんうんという唸声、それがて泣声になるけれど、それにもずにって行く。やッと這付く。
そいつを、いつだか、黙ってねけなんねえごとがあって、饒舌ったくって饒舌ったくってなんねえのを、えてこれえていだら、話がたまって、打裂けてしまったのだとや。
再度生老人 (新字新仮名) / 佐左木俊郎(著)
然るに肩は軽くなるも両手にる事能わず。依て亦両手の労を休まんとして両手を前にする時は、に叺を両方より結びたる藁縄に喉頭しめて呼吸なんとして痛みあり。
関牧塲創業記事 (新字新仮名) / 関寛(著)
シカシまだまだこれしきの事なら忍んで忍ばれぬ事も無いが、茲処に尤も心配で心配でられぬ事が一ツ有る。でも無い、この頃叔母がお勢と文三との間をような容子が徐々見え出した一で。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
定めし居まらぬ想いをしたに違いない、いま物音をさせたのも余りの事に聞きかねて気絶しかけ、身の中心を失って蹌踉いた為ではあるまいか、何うも其の様な音であった。
幽霊塔 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
と真面目でいうのだからない。
湯島詣 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
何だか先生夫婦にかれたような気がして、腹が立ってらなかった。
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)