いたずら小僧日記いたずらこぞうにっき
乃公は昨日で満十一になった。誕生日のお祝に何を上げようかとお母さんが言うから、乃公は日記帳が欲しいと答えた。するとお母さんは早速上等のを一冊買って呉れた。姉さん達は三人共日記をつけているから、乃公だってつけなくちゃ幅が利かない。 物は最初が …
作品に特徴的な語句
はず むく なぞら 徐々ゆっくり 全然がらっと スタイル 一寸すこし かたち つっつ 敏捷はしっこい 全然てんで など ところ あか さわ 調ふし こっそり 老爺じじ 所為とが 過失まちがい たま 確乎ぎゅっ はや 最初しょっぱな 全然さっぱり つい さき 空虚がらんど 何処どこか こん べい 近傍ちかく まし 仕様しょん 顔色かお 悪戯たわむれ 周囲そこいら 難有ありがとう 全体すべて かま かず なんに 直接いきなり みっ おろ 老嬢オールドメード 他所ひと 投込ほうりこ 動悸どきっ かん 向合むきあい じき 悪戯じょうだん 矮小ずんぐり しまい さかさま 怪物けだもの 面帕かおかけ かけら ひよっこ ところ 如何どん ほんと 道理わけ ひき 老嬢オールドメイド かな 此方このほう ひど 過失そそう あま かが まし 其後それから いじく どや たった はま かわ ずっ 洋服きもの ラブ かじ がい しゅ 水面みなも 打殺たたきころ ばん 大概あらかた 此間このあいだ ちっ 何人なにびと 老爺じじい あが