“確乎”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かっこ34.3%
しつかり16.8%
しっかり15.3%
しっか8.0%
しか6.6%
しつか6.6%
たしか3.6%
かくこ3.6%
ちやん1.5%
きつぱり0.7%
しかと0.7%
ぎゅっ0.7%
くつきり0.7%
ちゃん0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その信仰や極めて確乎たるものにてありしなり。海野は熱し詰めてを握りつ。容易くはものも得いはで唯、唯、まへ詰めぬ。
海城発電 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
健はの樣に亭乎とした體を少し反身に、確乎した歩調で歩いて、行き合ふ兒女等の會釋に微笑みながらも、始終思慮深い目附をして
足跡 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
「ああ、妾が必然連れて来て見せるから、温順くして待ってお。え、それでもかえ。ねえ、お葉さん、確乎返事をおよ。」
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
悄然として項垂れていた小野さんは、この時居ずまいをした。顔を上げて宗近君を真向に見る。は例になく確乎と坐っていた。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
あとは今夜のの刻(午後十時)に、その御報告を池田勝入様のお耳へ確乎とお達しするという役目だけが一ツ残ってるんで……。
新書太閤記:10 第十分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
つにつてたお卯平うて確乎めたのはそれからもないことである。何時にか消滅した。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
其處ンところはあの、確乎だらうと思ひますですが……今日もあの、手紙の中に十圓だけ入れて寄越して呉れましたから……。』
鳥影 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
し仮にも一度さう思ひ込んだ以上は、何かそれをがへすだけの確乎とした反証を握り得ないまでは心の平静を見ることは出来さうもなかつた。
煤煙の匂ひ (新字旧仮名) / 宮地嘉六(著)
すな! 何有、解つてるよ、確乎と解つてるよ。高が君等の行動が解らん樣では、これで君、札幌は狹くつても新聞記者の招牌は出されないからね。』
札幌 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
其れを知らぬ程の良人では無いが、持前負嫌ひな気象と妻をる心とから斯う確乎した事を云ふのであると美奈子は思つて居る。
執達吏 (新字旧仮名) / 与謝野寛(著)
男一見込で御頼みと有ことなれば何のとは申まじ而々其敵は何者なるやと申せば掃部はまだぶみイヤ其事なりの相手にては御差合も御座らうとずるゆゑ確乎した御詞を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
早く早くと水と水とが押合う為めか、水面に一種の燐光って物凄い。急に寒くなった。お母さんは乃公を確乎と捉えている。何程無鉄砲でも、此んな処へ飛び込むものか。
いたずら小僧日記 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
艶然とした中形單衣、夜目にも透いて見える襟脚の確乎白きに、烏羽玉色の黒髮を潰し島田に結んだ初初しさ、濃紫の帶を太鼓に結んだ端が二寸許り
二十三夜 (旧字旧仮名) / 萩原朔太郎(著)