“しっかり”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
確乎47.6%
緊乎9.5%
確固9.5%
慥乎7.1%
確然4.8%
厳重4.8%
聢乎2.4%
剛毅2.4%
毅然2.4%
2.4%
精確2.4%
緊接2.4%
2.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
私は自分の莫迦らしい妄想を嘲笑い、何時の間にか眼の前で両手を確乎固めて居るので急いで其の拳を解き、ふう……と溜息を洩らしました。
陳情書 (新字新仮名) / 西尾正(著)
犬は尾をって行こうとしたが、お葉は相変らず緊乎抱いていた。
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
勝気な彼女の反撥心は、この忘れかねる、人間のさいなみにあって、弥更に、世をるには確固と持たなければならないと思いしめたであろうと——
松井須磨子 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
慥乎、鍛てよ、と彼が激励したのは、正直で鈍重なこの一弟子に、はやく一人で飯の喰えるだけの力をつけてやりたいと常々念じていたからであった。
山浦清麿 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「さあ、居るとも云い、居ないとも云うが、俺にも確然とは判らないね。」
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
「マア、厳重吟味して圧制な……」
監獄部屋 (新字新仮名) / 羽志主水(著)
「これは大失策ですな。私は精神さえ聢乎持っていれば神経衰弱なぞは寄りつくものでないと言って威張っていました」
脱線息子 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
「お前が聢乎してくれゝばこの通り覿面だ。も今度は安心して宜かろうと思うが、何うだな? 大丈夫だろうな?」
脱線息子 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
「どうして、奥さんが大変な剛毅ものだとさ。」
(新字新仮名) / 徳田秋声(著)
それは毅然した女だ。人との応対も巧いし、私がいないでも、ちゃんと仕事の運びのつくように、用を
(新字新仮名) / 徳田秋声(著)
お妃は嬉しさのあまり王子をと抱き締められましたが、やがてその手をゆるめて、手真似でどこかへ逃げるように王子に教えておられるようです。
オシャベリ姫 (新字新仮名) / 夢野久作かぐつちみどり(著)
精確とは存知ませんが、四百フランも御座いましたら、どうかなるでござんしょう」
頸飾り (新字新仮名) / ギ・ド・モーパッサン(著)
縄を解き、懐中より取りして乱れ髪けと渡しながら冷えりたる肢体を痛ましく、思わず緊接き寄せて、や柱に脊中がと片手にするを、女あきれて兎角はなく
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
源はもう、仰天して了って、と手綱を握〆めたまま、騒がしく音のする笹の葉の中を飛んで、馬と諸馳に馳けて行きました。黄色い羽のは風に吹かれて、木の葉のように前を飛び過ぎる。
藁草履 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)