松井須磨子まついすまこ
大正八年一月五日の黄昏時に私は郊外の家から牛込の奥へと来た。その一日二日の私の心には暗い垂衣がかかっていた。丁度黄昏どきのわびしさの影のようにとぼとぼとした気持ちで体をはこんで来た、しきりに生の刺とか悲哀の感興とでもいう思いがみちていた。ま …
作品に特徴的な語句
だましい いき せい だか わず ひえ じょ じき かたわ 所作しうち うる 行途ゆくて 明星スター たた むな つき 少女むすめ おも した いり まけ 化粧けわい きょう みと 機智ウィット おし 無益むだ 魅力チャーム かず あり あて 掌握つかみ 前垂まえだ 種々さまざま せりふ 大形おおがた 遺骨ほね 贏得かちえ 腹立はらだた 堪忍がまん うつ ふる 紛紜いざこざ 平打ひらう 建増たてま 素振そぶ はじ 当嵌あてはま わび あき こま 女王クイン 貨殖かしよく ひと せめ しま 壮健じょうぶ 忽然こつねん 確固しっかり 焚附たきつ 挿話エピソード くび かけ 湧返わきか 飯倉いいくら 体躯からだ 扮装ふんそう たえ とびら えら もら 洋燈らんぷ 戯言じょうだん 附合つきあ 土地ところ 嘲笑ちょうしょう つぶ 野猪いのしし とげ 野性ワイルド じっ 冷凍こお ほと わずか 紙裂かみき たた 終焉しゅうえん