松井須磨子まついすまこ
大正八年一月五日の黄昏時に私は郊外の家から牛込の奥へと来た。その一日二日の私の心には暗い垂衣がかかっていた。丁度黄昏どきのわびしさの影のようにとぼとぼとした気持ちで体をはこんで来た、しきりに生の刺とか …
作品に特徴的な語句
同棲どうせい 土瓶どびん 通夜つや 格子戸こうしど 上総かずさ 鵜呑うの 斡旋あっせん ろく 僭越せんえつ 巍然ぎぜん 黄昏時たそがれどき 透間すきま 前垂まえだ 牛蒡ごぼう 堅気かたぎ 紅蓮ぐれん 人参にんじん 仕来しきた 旺盛おうせい 嫉視しっし 早稲田わせだ 縊死いし 片田舎かたいなか 畏敬いけい 薬罐やかん 倨傲きょごう 見縊みくび 平打ひらう 生際はえぎわ 傍若無人ぼうじゃくぶじん 度重たびかさ 駄々だだ 昨夕ゆうべ 夕暗ゆうやみ 郷里くに 魅力チャーム 終焉しゅうえん 独身ひとりみ 女将おかみ 頑迷がんめい 無益むだ えら 知合しりあい 頑健がんけん 褒貶ほうへん 駈上かけあが 繻珍しゅちん 大形おおがた 尾上おのえ 木更津きさらづ さきがけ 仕立したて おご 新妻にいづま 連合つれあい 重立おもだ 当嵌あてはま 星霜せいそう 挿話エピソード 納豆なっとう 旧臘きゅうろう 焚附たきつ 死面デスマスク 松代まつしろ 繊手せんしゅ 献酬けんしゅう 感傷的センチメンタル 遺孤いこ 女王クイン 腹立はらだた 六歳むっつ 畢世ひっせい 貞奴さだやっこ 閉切しめき 野猪いのしし 戯言じょうだん 佐久間象山さくましょうざん 山出やまだ 度外どはず 愛敬あいきょう 生恥いきはじ 瘋癲ふうてん 貨殖かしよく 逝去せいきょ 青鞜せいとう 壮健じょうぶ 小山内薫おさないかおる 下女げじょ 明星スター 附合つきあ 機智ウィット 掌握つかみ 紛紜いざこざ 建増たてま 手細工てざいく 湧返わきか 男衆おとこしゅ 米国アメリカ 飯倉いいくら 確固しっかり