“無益”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
むやく43.9%
むえき28.0%
むだ15.9%
やくざ4.9%
だめ4.9%
だめだ1.2%
つまり1.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
転宅の事を老人に語るも無益なり、到底その意に任せて左右せしむ可き事に非ずとて、夫婦喃々の間に決したることならんなれども
新女大学 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
このりに器械觀測結果體驗結果とは最初から一致いものであるけれども、それを比較してみることは無益ではない。
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
かめ「書いた物が何よりの証拠だに、お前が幾許知らないと云っても無益だよ、これから分家へ往って話をするから一緒においで」
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
と言つて勝手に取り上げてつた。もと/\加茂の二葉葵には長い葉茎がくつ附いてゐるのだが、清康はそんな物は無益だといつて摘み切つてしまつた。
そこで、外國人吾等立去つたで、上陸して、此處自分が、第一發見しただなんかと、ひたつて無益すのだ。
すると、吾等立去つたで、外國人がやつてても大丈夫です。海岸押倒して、獅子だの、鷲印なんかてた無益/\。
「それは無益ませんでしたね、折角おいでになって」と校長はおずおずしながら言った。
富岡先生 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)