“だめ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
駄目86.7%
6.0%
無益1.8%
1.4%
徒目0.9%
無効0.5%
徒労0.5%
徒勞0.5%
無效0.5%
絶望0.5%
絶滅0.5%
駄眼0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
漏洩が本質的に測定や実験の成否を決定する場合には、ほとんどすべての点が完全でもただ一カ所に漏洩があれば万事が駄目になる。
実験室の記憶 (新字新仮名) / 中谷宇吉郎(著)
そのも一つ先になると、浅草といって不浄の別荘地——これは伝馬町の牢屋で病気にったものを下げる不浄な世界——そのお隣りが不夜城の吉原です。
「もうしましょう! 無益です、無益です、いくら言っても無益です。……アア疲労た! しかし最後に一しますがね、僕は人間を二種に区別したい、く驚く人、曰く平気な人……」
牛肉と馬鈴薯 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
私の様子黙って眺めてた夫が「園子!」いうていきなり手エんで、「まあ、待ってくれ! こないなったら孰方がどうなるか運しや。その薬換えことして飲もやないか」
(新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
とても來年にならなければ徒目だ。
牧羊神 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)
「はは、判った。お前はの市郎に惚れているのだろう。無効だからおしよ。先方じゃアお前を嫌い抜いているのだから……。」
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
「角川の息子を殺してろうと思って行ったんだけれども、見付かったんで無効だった。それから大勢に追掛けられて、やッと此処まで逃げて来たんだ。」
飛騨の怪談 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
徒勞だよそんぢや、あんでも六錢の横薦つけていてたんだぞ、血統證までんぞ、あゝ、はねえぞ」
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
乳母 あゝ、かなしや! なしゃった/\/\! もう無效でござります、もう無效でござります。あゝ、かなしや!……なしゃった、されさっしゃった、なしゃった!
ヂュリ おゝ、めて、そしてしめてまうたら、わたしと一しょにいてされ。もう絶望ぢゃ! 絶望ぢゃ、絶望ぢゃ!
よしうでないにせい、のは最早絶滅ぢゃ、いや、絶滅同樣ぢゃ、れてんでござって、貴孃のまゝにならぬによって。
現在とて、まだまだ一駄眼でございますが、帰幽当座などはまるでくい執着凝塊只今してもらんでいます……。