“駄目”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
だめ98.9%
いけ0.5%
いけなく0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
美的生活をなそうとするには、特別な時だけでは駄目である。いつでも、どんなものにも、美を生み出す心掛けを忘れてはならない。
鍋料理の話 (新字新仮名) / 北大路魯山人(著)
「さア、早ようやなけりゃ駄目まへんぜ。」
(新字新仮名) / 横光利一(著)
その後、とんとハヤ駄目なりまして、獅子を売り、狐を払いしていまスうちに、残ったのはモルモットと犬。