ノンシャラン道中記ノンシャランどうちゅうき07 アルプスの潜水夫 ――モンブラン登山の巻07 アルプスのせんすいふ ――モンブランとざんのまき
一、鼻には鼻、耳には耳——現品取引。エークス鉱泉駅に約十分滞留したのち、汽車はブウルジェの湖畔の、水陸間一髪という際どいところを走っている。 車窓に蘆の葉がなびき、底石の青苔や、御遊泳中の魚族の鱗のいろも手にとるように見える。対岸、オオト・ …
作品に特徴的な語句
クダ 最後クウ 給仕バレエ マシッフ 日本ジャポン ワル シタ 寛衣ブルウジ いき 仮睡ひるね カタ いでたち 小舟サコレーヴ さい タス 亭主おやじ いびき しゃ 衝立エクラン 故郷おくに アックス 椅子パン 砕片デプリ 著名なだた 亀裂クレヴァス 小供コドモ ヤマ 殷賑はんじょう コルポオ サン 雪崩アヴァランシュ 円蓋ドオム 卸売おろし どもり ふく 如何いかが 山稜アレート 平場プラトオ 披露アノンセ 犠牲にえ もっこ 美味おいし つの しつら 足場トラアス 駄目いけなく 二十はた 先登テエト 八紘はっこう うま 嗜好このみ くしゃみ 岩地がらば たち 担架プランキアル ゆびさ 旅館ホテル 旗亭レストオラン あした 水洟みずっぱな 氷斧アックス フラン 浮袋うき 玻璃ガラス 瓦斯がす かぶと 登攀とはん 移転ひっこし 羚羊シャモア 赭面あからがお 鉛錘プロン 鉱泉レ・バン 雪崩なだ 魚族うろくづ 人魂ひとだま 八粁より 円蓋えんがい 分売デタイユ 初品はしり 初穂はつほ はげ 十歳とお 十粁ごり 厄災やくさい 参詣さんけい くち 口開くちあ 吃漢どもり フィート 呻吟しんぎん
題名が同じ作品